【阪神JF2020予想】ザコ馬券師の競馬考#20|出走登録馬全頭の過去レース考察①

阪神JF2018 競馬
出典元:競馬ラボ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

競馬歴12年、年間トータル収支プラスは一度も達成したことがないザコ馬券師の私が、糞の役にも立たない競馬考察をします。

毎週、日曜開催の重賞1Rのみに絞って、出走登録馬全頭の過去レースを知ったかぶりで分析していきます。

すべては自分の馬券力向上のために。

是非、参考にしないでください。

 

個人的には苦手な2歳戦。

まぁ得意なレースなんて別にないんですけど・・・

そんな感じで阪神JFを全力予想します!

人気ブログランキングへ


競馬ランキング

過去の分析&予想結果はこちら↓

スポンサーリンク

2020/12/13(日) 阪神ジュベナイルフィリーズ GⅠ 阪神芝1600m

まずはコース解説から。

 

阪神芝1600m(外回り)

スタートは向こう正面から。

スタートから3コーナーまでは444mと長い。

4コーナーから直線への入り口はカーブが緩やかなため、馬群がバラけて外に振られるということも少ない。

最後の直線は473mと長く、残り200mからゴールまで急な坂。

外差しが決まりやすいコースでもある。

 

レース当日の天気予報は晴。

先週の傾向から、時計は普通ぐらいか。

ザックリこんな感じ。

 



 

阪神JF出走登録馬の過去レース分析①

出走全レースの分析です。

アオイゴールド 牝2 団野大成(54.0)

アオイゴールド

4走前 2020/7/18 2歳新馬 福島芝1800m 曇・稍重 S

1着
14頭4枠5番10人気
448kg
川又賢治(54.0)
先行 1:53.2(35.9) アラモードバイオ(-0.1)

中団に控える競馬。
折り合いは良く、3コーナーに入る前にはスルスルと持ったまま上がっていき3番手へ。
3コーナーから追い出し開始、直線に入ってからもグングン伸び、最後は持ったままゴール前で差し切り完勝。
新馬戦でいきなり穴を開けた。

 

3走前 2020/9/5 札幌2歳S GⅢ 札幌芝1800m 晴・良 速・H

4着
14頭8枠14番12人気
456kg(+8)
団野大成(54.0)
先行 1:48.6(37.0) ソダシ(+0.4)

大外枠から中団に付ける。
3コーナーから追い出し開始し、直線は4番手で入る。
そこから前を行くソダシとの距離は離されも縮まりもせずに4着でゴール。
直線はソダシと同じ脚を使えている。

 

2走前 2020/10/17 紫菊賞 1勝 京都芝2000m 雨・重 S

5着
5頭1枠1番3人気
460kg(+4)
団野大成(54.0)
逃げ 2:06.5(37.1) ヨーホーレイク(+1.9)

好スタートからそのまま逃げる。
3コーナー手前でかわされ2番手に。
直線、全く伸びずズルズル後退。
重馬場がダメなのか、距離が長いのか、全く走れていなかった。

 

1走前 2020/11/22 赤松賞 1勝 東京芝1600m 晴・良 S

3着
10頭4枠4番6人気
464kg(+4)
内田博幸(54.0)
差し 1:34.9(34.6) アカイトリノムスメ(+0.4)

中団後方から。
直線は坂を上り切ったあたりから仕掛ける。
坂で脚を失うことなく、最後まで垂れずに走り切る。
1600mは少し忙しいような気がする。

 

評価

抽選対象。
前走3着には入ったが、1600mは少し忙しい気がする。
夏から休みなく今回が5走目。
上積みもそれほど期待できず、疲れも気になるところ。

 



 

インフィナイト 牝2 北村友一(54.0)

インフィナイト

2走前 2020/8/9 2歳新馬 新潟芝1600m 曇・不良 S

1着
18頭5枠9番1人気
490kg
北村友一(54.0)
先行 1:37.5(35.0) ベルヴォーグ(-0.4)

好スタートから2番手へ。
直線は持ったまま先頭に立ち、追い出してからはムチを使わずに完勝。
強い勝ち方、距離も問題ないか。

 

1走前 2020/10/10 サウジアラビアRC GⅢ 東京芝1600m 雨・不良 遅・H

2着
10頭5枠5番1人気
488kg(-2)
北村友一(54.0)
先行 1:40.1(37.7) ステラヴェローチェ(+0.5)

中団に控える競馬。
直線は少し進路を探すところも。
坂を上った後も脚はしっかり残っているが、前の馬には追い付けず。
牡馬相手にも頑張った。

 

評価

右回り未経験、不良馬場でしか走っていない、など限られた条件で好走している馬。
今回、初体験となる条件でどう出るかが楽しみなぐらい、力は持っている。
馬自体も出来上がっていると見ています。
未知な部分が多いので重い印は打ちづらいが、ヒモには入れておきたい。

 



 

ウインアグライア 牝2 横山武史(54.0)

ウインアグライア

3走前 2020/6/6 2歳新馬 東京芝1600m 曇・良 S

1着
10頭5枠5番8人気
448kg
横山武史(54.0)
先行 1:37.2(33.8) ブエナベントゥーラ(-0.0)

好スタートから3番手へ。
直線は坂を上り切ったあたりで前の馬がよれ、進路を変更するロスあったがそこから一気に伸びて1着。
小柄ながら根性のある走りを見せた。

 

2走前 2020/8/15 コスモス賞 OP 札幌芝1800m 晴・稍重 普・M

1着
8頭6枠6番2人気
460kg(+12)
横山武史(54.0)
先行 1:50.0(35.2) カランドゥーラ(-0.1)

スタートで少し躓くが、問題なく3番手につける。
3コーナーからムチを使ってガンガン追い出し開始。
直線に向いてからも垂れることなく、先頭でゴール。
距離は問題なさそうだし、かなりタフな馬である印象。

 

1走前 2020/10/31 アルテミスS GⅢ 東京芝1600m 晴・良 普・S

6着
16頭4枠7番5人気
450kg(-10)
横山武史(54.0)
先行 1:35.5(34.4) ソダシ(+0.6)

好スタートからの2番手。
直線は内を突いて伸びてくるも、最後少し脚は止まっている。
この時期の-10kgが響いたのか、レース後の調教師の「距離が延びたほうがいいタイプ」とのコメントも気に掛かる。

 

評価

精神的にもタフさのある強い馬、と評価したかったが前走が案外。
レース後の調教師のコメントも気になるところ。
馬体が減った影響もあるのではと考えるが、現時点ではソダシの方が力は上か。

 

残りの馬は次回!

人気ブログランキングへ


競馬ランキング

次回、阪神JF出走登録全頭過去レース分析その2はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました