【WEBライター体験談】未経験の僕がWEBライティングを始めた理由

WEBライティングのイメージ WEBライティング
スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめまして、フリーランスでWEBライターをしているロッキー・バルボアJPNと申します。

WEBライティングの仕事の延長で、このブログを立ち上げました。

現在、WEBライター歴3ヶ月・ブロガー歴1ヶ月という駆け出し中の駆け出しである僕のWEBライティングの仕事の取組みを記しておこうと思い立ち、この記事を書き始めました。

これからWEBライターを目指そうと思っている方や、僕と同じく駆け出しのWEBライターの方に役立つ情報となれば幸いです。

スポンサーリンク

WEBライティングを選んだ理由

ずばり、知識や経験が無くてもすぐに稼げる!からです。

正確に言うと、本当に稼げるのかどうかは分からないけど、ネットで調べると皆さん口を揃えてそう言っていたからです。

何か特別なスキルや経験のない私は、「これなら自分でもなんとなく出来そう!」ぐらいの軽い気持ちでWEBライターの道を選びました。

僕の経歴

この記事を書いている2020年3月現在、年齢は34歳です。

大学卒業後、地元の金融機関に就職→仕事が嫌になり(営業が全く向いていなかった為)退職→介護職に就職。30歳の時、知人に誘われてFXの勉強を始め、見る見るのめり込む。1年後、FXで多少稼げるようになったところで、見切り発車で仕事を辞めて専業トレーダーの道へ飛び込む。

そこから3年間はFXで何度かやらかしながらも一応の生活費は確保。昨年からFX以外にも収入を作っておいた方が精神的にも安定すると思い、プログラミングの勉強を始める。

多少の知識は付いたものの、仕事に結びつく前に挫折。というより、勉強サボりまくりで諦めたといった感じです。

2020年、年始に今年は本気で稼ぐ努力をしよう!と一念発起しWEBライティングの仕事を始め、現在に至る。

こんな感じです。

WEBライティングの仕事をやってみて分かったこと

分かったことイメージ

本格的にWEBライティングの仕事を始めて3ヶ月が経ちました。

まず分かったことは、本当に知識やスキルが無くても、すぐに稼げる!ということです。

散々他の方が言っている通り、稼げたと言っても始めは単価も安く、時給に換算するととんでもなく安く、普通にバイトしたほうが全然稼げるぐらいわずかな報酬です。

ですが、プログラミングで1円も稼げずに挫折した僕にとっては、わずかな報酬でもかなりうれしいものでした。

実際にどれぐらい稼げたのかは、他の記事で詳しく書きたいと思います。

未経験者でもWEBライティングですぐに稼ぐことは可能です!

ちなみにWEBライティングの仕事を始めるまで、僕は文章を書くことがとても苦手でした。

前職でも報告書やレポートを書くのが大嫌いで、書き始めても文章が思い浮かばず全く筆が進まないなんてことばかりでした。

そんな僕でも初月からいきなり稼ぐことができたので、WEBライティングは誰でもできる仕事と言えます。

もちろんこの先、さらに単価を上げて収入を増やすためには、もっとライティングスキルや知識を身に付けないでしょう。

ですが、ネットで稼ぎたいけど知識もスキルもないし何から始めていいか分からない、という方が最速で稼ぐ方法としてはWEBライティングはかなりおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました