【ナンバガFNS音楽特番出演】あらためて振り返るナンバーガールの凄さ

ナンバガプロフィール写真 エンタメ
出典元:UNIVERSAL MUSIC JAPAN公式ホームページ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

3月21日(土)19:00~22:00に、フジテレビ系列で放送される『 緊急生放送!!FNS音楽特別番組 春は必ず来る』

新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮して、カナダ・モントリオールで開催予定であった『 世界フィギュアスケート選手権2020 』が中止になったことを受け、急遽放送が決定しました。

第1弾で発表された出演アーティストは、スキマスイッチ、SixTONES、DA PUMP、NUMBER GIRL、乃木坂46、氷川きよし、藤井フミヤ…ん?

NUMBER GIRL?!

30代以上のロック好きな方は、この並びにNUMBER GIRLの名前があることに、違和感を覚える方も多いでしょう。

また、今回のFNS音楽特番を楽しみにされている方の中には、NUMBER GIRLを知らない方も多くいると思います。

そこで、あらためてNUMBER GIRLの功績とその凄さを振り返っていきます

スポンサーリンク

伝説のロックバンド・NUMBER GIRL

NUMBER GIRL(ナンバーガール、以下ナンバガ)は日本のオルタナティヴ・ロックバンドで、1995~2002年にかけて活動。

他の誰とも違う独自の音楽性で高い評価を受けて人気を得るも、人気絶頂の内に突如解散。

解散から17年経った2019年に再結成しました。

結成

1995年、福岡のライブハウスでバイトをしながら自宅でデモテープを作っていた向井秀徳が、バンドを組もうと決意し、中尾憲太郎、田渕ひさ子、アヒト・イナザワを誘い結成。

元々の友人・知人ではなく、福岡界隈で別々にバンド活動をしていた凄腕プレイヤーを集めて結成したため、地元では始めからスターバンドとして注目されていました。

メンバー

向井秀徳(ボーカル&ギター)、1973年10月26日生まれ、46歳

向井秀徳プロフィール写真
出典元:NUMBER GIRL公式サイト狂う目

田渕ひさ子(ギター)、1975年12月9日生まれ、44歳

田渕ひさ子プロフィール写真
出典元:NUMBER GIRL公式サイト狂う目

中尾憲太郎(ベース)、1974年6月17日、45歳

出典元:NUMBER GIRL公式サイト狂う目

アヒト・イナザワ(ドラム)、1973年6月6日、46歳

出典元:NUMBER GIRL公式サイト狂う目

1stインディーズアルバム『SCHOOL GIRL BYE BYE』リリース

1997年、1stインディーズアルバム『SCHOOL GIRL BYE BYE』を発売します。

このアルバムには、現在でもライブの必須レパートリーとなっている名曲「omoide in my head」「IGGY POP FAN CLUB」が収録されています。

omoide in my head – Number Girl
Iggy Pop Fan Club – Number Girl

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Number Girl ナンバーガール / SCHOOL GIRL BYE BYE 【CD】
価格:2024円(税込、送料別) (2020/3/18時点)

ボーカル向井のシャウトに、かき鳴らされるギターと唸るベースに暴れまくるドラム、それでいてギターポップというナンバガ独特のサウンドは、この時点ですでに出来上がっています。

ライブの衝撃

1998年にナンバガは上京。

上京1年目から40本近いライブを行い、そのライブを観た音楽媒体・関係者は軒並み大絶賛

技術的に凄い上に、異様なオーラと佇まいを纏い、1曲目を観て「あ、このバンド、ヤバイ」と衝撃を与えるほどだったそうです。

メジャーデビュー

1999年、メジャーデビューシングル「透明少女」をリリース。

NUMBER GIRL – 透明少女

そして1999年5月に、メジャー1stアルバム『School Girl Distortional Addict』をリリース。

このアルバムは、所属していた東芝EMIが用意したスタジオで録音したものの、「音が気に入らない」という理由でボツにし、地元福岡で1日3万円のスタジオを自ら借り、6日間ですべて録音したという逸話があります。

当時のナンバガは、自ら売り込むためのプロモーションはほとんどせず、PVの撮影も向井が監督したり、スタイリストやヘアメイクは最後までつけなかったりと、自分の中から出てきたものを、最後まで自分の手で形にするというスタイルで活動していました。

1999年末には、メジャー2枚目にして異例のライブアルバム『シブヤ ROCK TRANSFORMED 状態』をリリース。

ナンバガが、いかにライブバンドであったか、ライブを聴かせるべきバンドであったのかが伺い知れます。

当時のライブ映像↓

Number Girl – OMOIDE IN MY HEAD (Live from RSR FES 1999)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シブヤROCKTRANSFORMED状態 [ NUMBER GIRL ]
価格:1888円(税込、送料無料) (2020/3/18時点)

進化し続ける音楽性

2000年、メジャー2rdアルバム『SAPPUKEI』をリリース。

この頃から、知る人ぞ知るプロデューサー、デイヴ・フリッドマンを起用し、アメリカでのレコーディングを行い、ダブやレゲエ的な音響処理を使い音楽性を進化させていきました。

向井がHIPHOPに傾倒していたこともあり、向井独特のラップを取り入れた曲も作られました。

NUMBER GIRL – URBAN GUITAR SAYONARA

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SAPPUKEI 15th Anniversary Edition [ NUMBER GIRL ]
価格:2998円(税込、送料無料) (2020/3/18時点)

最高到達点『NUM-HEAVYMETALLIC』発売、そして解散

2002年、メジャー3rdアルバムにしてラストアルバムになる『NUM-HEAVYMETALLIC』をリリース。

再度、デイヴ・フリッドマンをプロデューサーとして迎えて制作され、過剰すぎるほどのダブ処理をしたサウンドに、祭囃子的な和の要素を取り入れた、世界的に見ても唯一無二のサウンドを作り上げ、バンドにとっても最高到達点を突き抜けたアルバムとなりました。

NUMBER GIRL – NUM-AMI-DABUTZ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NUM HEAVYMETALLIC NUMBER GIRL 15TH ANNIVERSARY EDITION [ NUMBER GIRL ]
価格:2836円(税込、送料無料) (2020/3/18時点)

2002年9月、評価も人気も絶頂を迎えていた中、ベース中尾からバンドを脱退したいとの希望があり、4人でNUMBER GIRLであるという共通の意思が強いことから、バンドの解散を発表。

2002年11月30日の札幌PENNY LANEでのライブを最後に解散しました。

NUMBER GIRLが与えた影響

ナンバガの音楽は、数多くのミュージシャンに影響を与えました。

Base Ball Bearのボーカル小出祐介は、たびたびメディアでナンバガへの愛と憧れを語っており、自身のバンドの1stアルバム『夕方ジェネレーション』が、ナンバガに似ていると叩かれていたことを明かしています。

Base Ball Bear – Boy Meets Girl

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの「N.G.S」という曲は、「NUMBER GIRL SYNDROME」の略です。

ASIAN KUNG-FU GENERATION/N.G.S

きのこ帝国は、「Girl meets NUMBER GIRL」でナンバガをモチーフにしています。

きのこ帝国 – Girl meets NUMBER GIRL

その他にも、宮藤官九郎、椎名林檎、橋本愛、橋本奈々未(元・乃木坂46)らが、ナンバガのファンであることを公言されています。

2019年、突如再結成

ナンバガ解散後は、それぞれ別のバンドで音楽活動を続けていました。

バンド解散から17年後の、2019年2月15日、解散時のオリジナルメンバーで再結成し、同年のRISING SUN ROCK FESTIVALにてライブを行うことを発表。

このとき発表された向井のコメントは、「できれば何発かヤりたい」でした。

FNS音楽特番でのライブに注目!

ナンバガを知らなかった方たちに、ナンバガの凄さが少しでも伝わっていたら幸いです。

地上波の音楽番組で観る機会が少なかったナンバガ。

今回のFNS音楽特番で、どんなライブを観せてくれるのか今から楽しみで仕方ありません!

『緊急生放送!FNS音楽特別番組 春は必ず来る』

チャンネル:フジテレビ系列

放送日:2020年3月21日(土)19:00~22:00(※21:54までの地域あり)

出演アーティスト:AI / E-girls / AKB48 / エレファントカシマシ / 「Endless SHOCK」カンパニー(堂本光一・上田竜也ほか) / 大黒摩季 / 上白石萌音 / 関ジャニ∞ / 城南海 / 倖田來未 / ジェジュン / 城田優 / スキマスイッチ / SixTONES / DA PUMP / NUMBER GIRL / 乃木坂46 / 氷川きよし / 藤井フミヤ / 水樹奈々 / 森高千里 / WANIMA / and more

司会:榎並大二郎(フジテレビアナウンサー) / 永島優美(フジテレビアナウンサー)

コメント

タイトルとURLをコピーしました