【ネタバレあり】海外ドラマ『ウォッチメン』第9話(最終話)感想|ちゃんと完結しましたよ!

ウォッチメン9話 海外ドラマ
出典元:ウォッチメン公式サイト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

話題の海外ドラマ『ウォッチメン』の第9話(最終話)を観た、アメコミに大して詳しくない僕の感想を書いていきます。

いよいよ最終話です!

ここまでの感想はこちら↓

スポンサーリンク

第9話(最終話)『彼らが飛ぶのをご覧よ』感想(ネタバレ注意!)

ドラマを観た僕の感想をザックリと書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずにドラマを観たいという人は先にドラマを観てから読んでください!

オジマンディアスとレディー・トリュー

さぁ、最終話。

いろいろ謎が散りばめられまくってるけど、果たしてちゃんと完結するのかしらん?
シーズン2に丸投げするの?
とか、いろいろ考えつつスタート。

1985年、オジマンディアスがレッドフォード大統領に向けたメッセージを撮影している場面から。

撮影中に、オジマンディアスのオフィスに忍び込む一人のアジア人女性

パソコンを操作して、オジマンディアスの精子保管庫を開けます。

そして精子を自身に注入!

シーンは変わって2008年。

オジマンディアス邸を訪ねるレディー・トリュー。

レディー・トリューは、自分がオジマンディアスの娘であると告げます。

オジマンディアス「ありえん!私は女と交わったことがない!」

レディー・トリューがオジマンディアスの娘であることには驚いたけど、オジマンディアスが童貞であることの方が驚いたわ!

世界一頭が良いと、そんなことには興味を持たんのか・・・

それと、1985年にアジア人女性がオジマンディアスの精子を注入して生まれた子がレディー・トリューということは、2019年現在のレディー・トリューは34歳ぐらいということですよね。

34歳・・・?!!

キーン議員Dr.マンハッタン化計画

いよいよキーン議員Dr.マンハッタン化計画の実行です。

拘束されたブレイク捜査官の前に、サイクロプスの面々がやってきます。

その中には初代キーン議員の姿も。

そして、第7機兵隊に寝返ったフリをしてブレイク捜査官を助け出そうとするルッキングラスも!

前回、Dr.マンハッタンが殺されたって言ったけど、捕らえられただけでしたね。

ブーメランパンツ姿で高説を垂れるキーン議員。

ブラマヨ小杉ばりに渾身の「ヒーハー!」を決めてくれます。

全力でヒーハーする人、久々見た。

そしてDr.マンハッタン化装置に入り、ついに計画を実行するも・・・

失敗します。

身体が溶けてドロドロの液体になるキーン議員。

計画を早々に察知して、泳がせていたレディー・トリューが登場。

サイクロプスの面々を消し去ります。

レディー・トリューの真の計画は

サイクロプスにDr.マンハッタンを捕らえさせるだけ捕らえさせて、サイクロプスは皆殺し。
そして自分こそがDr.マンハッタンになり替わろうと企んでいたんです。

オジマンディアスいわく、レディー・トリューは異常なナルシスト
人類すべてを自分にひれ伏せさせるために、Dr.マンハッタンになり替わろうとしているとのこと。

サイクロプスによって捕らえられたDr.マンハッタンは、自分が殺される前にブレイク捜査官、ルッキングラス、オジマンディアスの3人をオジマンディアスのオフィスにテレポートさせます。

テレポートさせられた3人は、レディー・トリューの計画を阻止すべく、冷凍イカを空から降らせてDr.マンハッタン化装置をぶち壊す作戦に。

そうこうしている間にDr.マンハッタンは空飛ぶ球体から光線を喰らって消滅してしまいます。

シスター・ナイトとの別れのシーンは思わずグッときちゃいましたよ。

映画評論家の町山智浩さんも言っていましたが、ウォッチメンがまさかの恋愛ドラマになってました!

「1人で死にたくない」

という、Dr.マンハッタンのなんとも人間らしいセリフはたまらんかったです。

そんな人間らしさを取り戻したところでDr.マンハッタンは消滅。

そして、ついにレディー・トリューがDr.マンハッタン化しようとした時、空から冷凍イカが降ってきます。

空飛ぶ球体はぶっ壊され、墜落。

レディー・トリューは下敷きになるのでした。

アンジェラと卵

Dr.マンハッタンは死んでしまったものの、一応は一件落着。

冷凍イカから避難した劇場で、アンジェラとウィルが再会。

何だかんだ話して、わだかまりも溶けて一緒に帰宅。

Dr.マンハッタンが自分の原子を移植したと思われる生卵を発見するアンジェラ。

それを飲み込み、アンジェラがDr.マンハッタンの能力を受け継いだのか?!

ってところでエンドロール。

なんとも綺麗に完結です!

総評

いやー、最高に面白かった!!

正直、コミック版のウォッチメンを読んで、難解なイメージを持っていました。

ドラマ版も、観始めは「???」なことがかなり多く、何が行われているのか飲み込みづらい部分は多々ありました。

でもそのほぼ全てが、きっちり解決されてエンディングを迎えてくれます。

オジマンディアスの結末もこれで良かったと僕は思いますし!

こんな入り組んだ話をよく9話にまとめたなぁ!と純粋に感動しました。

第8話の時点で「これはシーズン2あるな」なんて思ってましたが、9話で十分すぎるほどしっかり完結してました。

製作者もインタビューでも「シーズン1で完結。シーズン2はあるかもしれないけど、無くてもいい」みたいな話してたし、多分ないでしょう。

ただ1つ気になるのは、あのローションぬるぬる銀タイツマンは何だったの?ってことだけです。
あれって、あの後出てこないよね?
自分が見逃がしただけ?

あいつが絡んでくる展開を期待してたけど、結局何にも絡んでこなかったなぁ。

第7機兵隊のメンバーか何かなの?
まぁ別にいいんだけど・・・

というわけで、ルッキングラスも最高だったし、大満足いたしましたよ!

 

海外ドラマ『ウォッチメン』は、Amazonプライムビデオ内のチャンネル「スターチャンネルEX」で視聴できますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました