マルチ商法で貧乏主婦が神になる?!海外ドラマ『ビカミング・ア・ゴッド』第1話感想|全員、目がギンギン【ネタバレあり】

ビカミング・ア・ゴッド 海外ドラマ
出典元:ビカミング・ア・ゴッド公式サイト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

話題の海外ドラマ『ビカミング・ア・ゴッド』第1話を視聴しました。

現状、第1話しか観ていないので、ドラマ全体がどんな出来なのかとか分かっていない状態で憶測にて率直な感想を書いていくのでご了承くださいませ。

スポンサーリンク

『ビカミング・ア・ゴッド』の概要

1992年、舞台はフロリダ州オーランド市郊外。
最低賃金のウォーターパークで働くクリスタルは、いつか貧乏生活から抜け出したいと願っている。
夫のトラヴィスも人生の成功を夢見てネットワークビジネス「FAM」に熱中しているが、まだ下層下級の会員だ。

ある日、先輩上級会員に鼓舞されたトラヴィスは「FAM」の活動に専念するため、昼間の仕事を辞めると言い出す。反対するクリスタルだったが、とある事件をきっかけに自身もまた「FAM」と深く関わり始め、底辺の生活から抜け出そうと上級階級を目指すことに。
未知なる世界に飛び込んだ彼女は、システムの表と裏を暴き頂点まで上り詰めることができるのか?!
どんな不運にあっても、したたかにのし上がる!“負け女(マケジョ)”のサバイバル術がここにある!

キルスティン・ダンスト主演・製作総指揮、ジョージ・クルーニーも製作総指揮に加わり、ハリウッド映画の最強チームが集結した豪華な制作・キャスト陣が贈るブラックユーモア溢れる本作。
是非お見逃しなく!

引用元:ビカミング・ア・ゴッド公式サイト

製作総指揮:キルスティン・ダンスト、ジョージ・クルーニーほか

出演:キルスティン・ダンスト、テオドール・ペルラン、メル・ロドリゲス、ベス・ディット、テッド・レヴィン、アレクサンダー・スカルスガルド、メアリー・スティーンバージェン、ジョン・アール・ジェルクス、メリッサ・デ・スーザ、ケヴィン・J・オコナー、ウスマン・アライ、シャロン・ローレンス

予告編はこちら↓

“負け女(マケジョ)“キルスティン・ダンストがのし上がるドラマ『ビカミング・ア・ゴッド』予告編

第1話『人生の舵を取れ』感想(ネタバレ注意!)

ドラマを観た僕の感想をザックリと書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずにドラマを観たいという人は先にドラマを観てから読んでください!

アメリカン・マルチ商法の話

とりあえず事前に得ていた情報としては、「キルスティン・ダンストがマルチ商法でのし上がる話」ってことだけ。

もうそれだけで超楽しそう!!

ってことで観始めました。

マルチ商法とかカルト宗教とか、絶対に関わりたくはないけど、そういった胡散臭いモノが大好物なんです。

主演のキルスティン・ダンストが、まぁ凄い

主演はキルスティン・ダンスト。

サム・ライミ版スパイダーマンのMJですね。

スパイダーマンのMJ
Columbia Pictures Photographer / Photofest / Getty Images

高校時代にスパイダーマン観たときは「なんて微妙なヒロインなんだ・・・」なんて思ってたけど、今観ると普通に美人ですね。

あれから18年後のキルスティン・ダンスト。
とにかく貫禄が凄いことになってます。

ドラマのために体重を相当増加させたとか。

ドラマ版の『ファーゴ』シーズン3のときも「ずいぶん変わったなぁ」って感じだったけど、さらに拍車をかけて貫禄というかふてぶてしさがパワーアップしてます。
それでいてチャーミング!

現在のキルスティン・ダンスト
© 2019 SONY PICTURES TELEVISION. ALL RIGHTS RESERVED.

ちなみに製作総指揮にはジョージ・クルーニーも!

ファウンダーズ・アメリカン商会

このドラマに出てくるマルチ商法の会社は、通称FAM(ファウンダーズ・アメリカン商会)。

リクルーターと呼ばれるFAM会員たちは、寝る間も惜しんで会員を勧誘。
その売り上げに応じて、ランクが上がっていき、自分の取り分も増えていくという、典型的なマルチ商法の会社です。

主人公であるクリスタル(名前が最高!)の夫・トラヴィスは、本業の保険会社勤めのかたわら、FAMのコーヒーを売りつけています。

ランクはシルバー・ジェファーソン会員という、まだまだ下層の会員で、全然稼げてません。

FAMの理念は、とにかく「労働は悪!」「毎晩寝ずにFAM商品を売り込め!」「労働から解放されろ!」

トラヴィスも週10時間睡眠で、頑張ってFAM商品を売り込んでます。

完全に洗脳されてイっちゃってます。

上級会員コーディー

コーディー
出典元:ビカミング・ア・ゴッド公式サイト

トラヴィスの先輩会員にあたる、シルバー・ワシントン会員のコーディー

上級会員であるため、裕福な暮らしはしているっぽい。

このコーディーの一挙手一投足、全てがもう最高!

トラヴィスもイっちゃってるけど、コーディーのイっちゃってる具合が凄い!

目ギンギンでクソ胡散臭い話法で勧誘してきます。

こんな感じの営業マンよく見かけますよね。

もう普通の会話とか出来なさそうな感じ。

創始者オビ―・ガーボー2世

出典元:ビカミング・ア・ゴッド公式サイト

とにかく座り方が凄いから見て!!

1話で早くもトラヴィスが・・・

早々に夫・トラヴィス死んじゃいます。

FAMの教えに則って、とにかく寝ずに勧誘を続けたトラヴィス。

「労働は悪」の教えも守り、辞めるなら離婚するというクリスタルの制止も無視して保険会社を辞めます。

しかも、わざわざ会社のトイレでタキシードに着替えて「労働はバカのために働くこと!」と言い放って会社を去ります。

会社を出るとFAM会員たちのお出迎えが。

みんなで労働から解放されたトラヴィスを讃えるのです。

まだ何も成し遂げていないのに、あたかも成功者であるかのようにリムジンに乗ってはしゃぐ姿や、全然タキシード着こなせていないところや、ハト飛ばすけど1羽死んじゃってるところなど、身の丈にあっていない中身空っぽな感じが、全体的に痛々しくて何とも言えない気持ちになっちゃいます。

そしてその帰り道、日頃の不眠がたたって運転中に幻覚を見て池(沼?)に車ごと水没。

命からがら逃げだしたところを、ワニに食われて死にます。

なんちゅう死に方だ!
普通にビックリしたよ!

復讐劇の始まり・・・なのか!?

夫を亡くしたうえに、FAM商品の仕入れのためにいろいろな支払いが滞っていたことが判明したクリスタル。

肝心のFAMはもちろん補償なんてしてくれません。

夫の葬儀には、創始者であるガーボーが来てFAM会員大騒ぎ。

葬儀のあと、ついにブチ切れたクリスタルはショットガンを持って夫が死んだ池へ。

ショットガンでワニを撃ち殺して雄叫びを上げるのでした。

 

ってな感じで、まだ何も始まってないのにすでに超面白い『ビカミング・ア・ゴッド』

2話以降にも期待しまくって1話の感想を終わります。

 

海外ドラマ『ビカミング・ア・ゴッド』は、Amazonプライムビデオ内のチャンネル「スターチャンネルEX」で視聴できますよ!

第2話『アーニーの憂うつ』の感想はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました