海外ドラマ『ザ・ボーイズ(THE BOYS)』シーズン1第5話感想|スーパーヒーローは奇跡でもなんでもなかった【ネタバレあり】

ザ・ボーイズ1-5 海外ドラマ
© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シーズン2の配信が始まった『ザ・ボーイズ(THE BOYS)』

シーズン2を観る前の予習&復習を兼ねて、シーズン1を観返して感想をまとめていきます!

 

ここまでの感想はこちら↓

スポンサーリンク

第5話『信念』感想(ネタバレ注意!)

ドラマを観た僕の感想をザックリと書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずにドラマを観たいという人は先にドラマを観てから読んでください!

ポップクロウとAトレイン

前回、コンパウンドVの件がバレてマズいことになったAトレインとポップクロウ。

Aトレインに言われて家を出て、キューバに潜伏しているポップクロウ。

そこにAトレインがやって来ます。

全ては解決して、マデリンから交際を認められた、と。

喜ぶポップクロウでしたが、その前に「コンパウンドVについて誰に話したのか?」と再度問われます。

全てを正直に話すポップクロウ。

全てを聞き出したAトレインは、ポップクロウに大量のヘロインを注入し殺害します。

 

ヴォート本社へ戻り、ホームランダーにポップクロウのことを報告するAトレイン。

ホームランダーに言われて殺してしまったんですね。

誰もホームランダーには逆らえない。

別れ際に「いつでもお前を見守っている。いつでもだ」と抱擁されます。

恐すぎ。

キリスト教フェス『ビリーブ・エキスポ』

ヴォート主催のキリスト教フェス『ビリーブ・エキスポ』

スターライトやホームランダーも参加するこのフェスに潜り込むヒューイ。

目的は、主催者の一人でもあり、コンパウンドVの送り元の団体を運営しているエゼキエルに接触するため。

ブッチャーは、第1話で出てきた秘密クラブで男性2人と3Pをしているエゼキエルの動画を持っています。

普段は反同性愛を唱えているエゼキエルをこの動画で脅迫して、コンパウンドVの情報を入手しようという作戦。

ちなみにエゼキエルもスーパーヒーローで、ルフィみたいに腕が伸びる能力を持っています。

身体のどこでも伸びるゴム人間なのかは不明。

 

超高額のVIPチケットを持っていると、バックヤードでエゼキエルと直接会話ができるらしい。

そんな金はもちろん持っていないので、スターライトにお願いして、コネでチケットを譲ってもらうことに。

見事バックヤードへの潜入に成功するヒューイ。

ホームランダーに若干怪しまれながらも、なんとかエゼキエルと2人になるチャンスをゲット。

スマホが水没して動画を見せられないトラブルがありつつも、「君と3Pをした」と嘘をついて脅すヒューイ。

動画を拡散されたくなかったらコンパウンドVについて話せ、と言われて、あっさり脅しに屈するエゼキエル。

コンパウンドVは全国の病院の新生児治療室に送っているという情報を得ます。

事故を引きずるクイーン・メイヴ

前回のハイジャック事件をしっかり引きずりまくってるクイーン・メイヴ。

事故の追悼式、ホームランダーの形だけの追悼スピーチ中にたまらず席を外してしまいます。

慰めようとするホームランダーに、「つまらないスピーチは嫌いって言ったでしょ」と吐き捨てます。

たまらん顔をするホームランダー。

 

クイーン・メイヴはエレナという女性の家を訪れます。

どうやら元恋人みたい。

酷い別れ方をしたのか、明らかに冷たく接するエレナ。

クイーン・メイヴは思わず「つらすぎる」と泣き崩れてしまいます。

元恋人にキスを迫るも拒絶され、我に返り「私が間違ってた」と立ち去るクイーン・メイヴ。

観てるこっちが辛すぎる!

ホームランダーとマデリンの異様な関係

ヴォートの方針について、やたらと衝突するホームランダーとマデリン。

マデリンが用意したスピーチ原稿を無視して、トランプばりの超攻撃的なスピーチを勝手にしてしまうホームランダー。

さっきクイーン・メイヴに「つまらないスピーチ」って言われたの気にしてるのか?

マデリンの赤ちゃんに対して、やけに敵対心を向けるホームランダーはマデリンに「シングルマザーごっこはやめろ」とか言って、「距離を置きましょう」と怒らせてしまいます。

寂しくなったホームランダーはマデリンの部屋を訪問。

マデリンに膝枕してもらい、おっぱい見せられながらマデリンの指をしゃぶって甘えまくります。

一体どういう関係なんだ?

ブッチャーの妻

前回、ブッチャーが観ていた監視カメラの映像に映っていたのはブッチャーの妻だったっぽいです。

名前はレベッカ

妻の姉レイチェルのもとを訪ねるブッチャー。

数日前に妻の葬式を勝手に行っていたみたい。

なんでも、行方不明になって8年だとか。

もう終わりにしたいレイチェルと、絶対に妻を探し出そうとしているブッチャー。

監視カメラの映像は、レベッカの最後の映像ってこと?

ヴォートを潰そうとしているってことは、ヴォートが関係しているってことですよね?

告発するスターライト

ビリーブ・エキスポに参加したスターライトは、周りが以前と変わってしまったことに落胆します。

自分の信じていることと違うことを言わされることにウンザリ。

母親に相談するも、「私のためなの」と全然聞き入ってもらえません。

ビリーブ・エキスポのトリでスピーチをするスターライト。

用意された台本通りスピーチするも、途中で嫌気がさし自分の言葉で話しだします。

そして「不道徳なのは私の口にアソコを突っ込んだ奴よ」と告発。

テレビで観ていたディープは「まじかよ・・・」と顔面蒼白。

「もう自分を偽らない。これからは我慢しない。」と、堂々と宣言しスピーチを終えるのでした。

会場は騒然。

一人興奮するヒューイ。

コンパウンドVの使い道

コンパウンドVが送られた病院に忍び込むブッチャーとマザーズミルク。

新生児治療室を調べると、なんと赤ちゃんにコンパウンドVを投与しているのでした!

赤ちゃんの目からはホームランダーと同じく光線が!

スーパーヒーローは神に選ばれたわけでもなく、コンパウンドVによって作られていたのです。

驚愕するブッチャーとマザーズミルク。

そこへ、侵入に気づいた警護が駆け付け銃撃戦へ。

ブッチャーは赤ちゃんを保育器から取り出すと、赤ちゃんの目ん玉ビームで警護の身体をぶった切ります。

最高の赤ちゃん使い!!

追われるフレンチー

Aトレインは恋人ポップクロウを殺してしまい感傷に浸っています。

ポップクロウのかつての自宅で、Aトレインが仕掛けておいた隠しカメラを取り出し、ポップクロウとの思い出のセックス動画を観たりしてます。

すると、突然映像が切り替わり、あの大家との顔面騎乗プレイ動画が流れ出します。

大家の顔面が潰された後、ブッチャーたちが乗り込みポップクロウを脅すところもばっちり映し出されます。

運悪くフレンチーの顔だけがカメラに映ってしまっています。

カメラの映像から身元を割られたフレンチー。

フレンチーの恋人からの連絡で、ブラックノワールの追われていることを知り、前回捕らえたボイメン女と隠れ家から逃げ出すことに。

凶暴すぎる女は鎖につながれて監禁されていましたが、そのまま放っていくわけにもいかず、フレンチーは鎖を解きます。

解放された瞬間に逃げ出してしまう女。

フレンチーは仕方なく一人で逃げることに。

が、あえなくブラックノワールに見つかってします。

もうここまでか、と思ったところで女が助けに入ります。

ブラックノワール vs ボイメン女

あの超凶暴なボイメン女でしたが、相手はさすがはセブンの一員ブラックノワール。

女は身体を八つ裂きにされてしまいます。

息絶えた女のもとに駆け付けるフレンチー。

すると息を吹き返す女。

みるみる傷口が塞がっていきます。

「君は奇跡だ」と目を輝かせて喜ぶフレンチー。

これもコンパウンドVの作用なのか?!

 

といったところで第5話終了です!

『ザ・ボーイズ(THE BOYS)』はAmazonプライムビデオで配信中ですよ!

次回、第6話『無垢』の感想はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました