海外ドラマ『ザ・ボーイズ(THE BOYS)』シーズン1第3話感想|コンパウンドVを入手せよ!【ネタバレあり】

ザ・ボーイズ1-3 海外ドラマ
© 1996-2019, Amazon.com, Inc. or its affiliates
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シーズン2配信間近の『ザ・ボーイズ(THE BOYS)』

復習&予習を兼ねて、シーズン1を観返して感想をまとめていきます!

ここまでの感想はこちら↓

スポンサーリンク

第3話『収穫』感想(ネタバレ注意!)

ドラマを観た僕の感想をザックリと書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずにドラマを観たいという人は先にドラマを観てから読んでください!

後片付け

前回、プラスチックケツ爆弾で木っ端微塵に爆破したトランスルーセント。

しかし鋼鉄の肌を持つトランスルーセントを焼却することは出来ず、証拠隠滅ができない以上、このままではいずれホームランダーに見つかってしまいます

ブッチャーは、バラバラになったトランスルーセントの破片をかき集めて、ジュラルミンケースに詰め込んでどこかへと持ち運んでいきます。

マーケティングがすべて

マデリンに呼び出されるスターライト。

私服で強姦野郎をぶちのめしたところを隠し撮りされてSNSで拡散されてしまったため、そのお咎めかと思いきや、助けてもらった女の子がお礼を言いたいと名乗り出たとのことでマデリンは超ご機嫌。

スターライトの支持率が急上昇しているということで、この流れに乗ってコスチュームも一新しようって話。

マーケティング戦略担当が出てきて設定を説明。

肌の露出が大幅にアップ。

露骨に嫌がるスターライトでしたが、拒否する事なんてできません。

マデリン「これはビジネスだからギブ・アンド・テイクなの。セブンでいたいならこのスーツが条件よ。」

そうです、スーパーヒーローはビジネスなんです。

MMことマザーズミルク

ヒーロー狩りに協力してくれる仲間集めに奔走するブッチャー。

未成年の更生施設で働く、MMことマザーズミルクに会いに行きます。

マザーズミルクも、かつてブッチャーと一緒に仕事をしていたらしく、フレンチーと同じくブッチャーを避けているよう。

ブッチャーとの仕事を拒否するマザーズミルクでしたが、トランスルーセントを殺したことを伝えると、渋々ながらも協力することに。

彼もまた、ヴォートとセブンに恨みを持っているよう。

そして、「フレンチーとは絶対に組まない」というほどフレンチーとは犬猿の仲なよう。

もちろん「フレンチーとはもう会っていない」と軽く嘘をつくブッチャーでした。

直後に顔を合わせたマザーズミルクとフレンチーは掴み合って罵り合います。

過去に一体何があったのか。

Aトレインの恋人ポップクロウ

すったもんだはあったものの、打倒ヴォートのために手を組むことを了承する面々。

トランスルーセントが死に際にゲロった、Aトレインの恋人ポップクロウの存在。

ポップクロウはB級スーパーヒーローで、手の甲から鋭い爪が出るウルヴァリンみたいな能力を持っているっぽいです。

電気屋ヒューイの特性を活かし、電気工事と偽ってポップクロウ宅に入り込み、隠しカメラを仕掛けます。

そこにまんまとやって来るAトレイン。

Aトレインは、ショックウェーブという若手のスーパーヒーローとの最速決定戦レースを控えています。

マデリンからは、負けたらセブンをクビにすると宣告されているようで、相当プレッシャーを感じているよう。

レースに勝つために、例の「コンパウンドV」をポップクロウから貰おうとするAトレイン。

マザーズミルク曰くコンパウンドVとは、能力強化剤でヒーロー用のステロイドとのこと。

ポップクロウは、コンパウンドVの副作用で狂暴になることを恐れているようです。

そこでヒューイの恋人ロビンの話も出ます。

どうやらコンパウンドVを使用してハイになったAトレインが暴走してロビンと衝突したらしい。

怒りに震えるヒューイ。

コンパウンドVは違法薬物であり、ヒーロー達がステロイド常習者の集まりである可能性が出てきたことで、ブッチャーは証拠をつかんでCIAに情報提供しようと企みます。

コンパウンドVを手に入れろ!

Aトレインのレース当日、会場に忍び込むブッチャーら4人。

コンパウンドVを使用したであろうAトレインの証拠をつかむため、フレンチーは控室に忍び込みます。

が、控室の中をくまなく探すもコンパウンドVは見当たらず。

レース中もポップクロウ宅の監視を続けていたマザーズミルクは、自宅でポップクロウがコンパウンドVを使用するところを目の当たりにし、一同は急いでポップクロウの自宅へ。

レース後、交際を発表する予定だったAトレインとポップクロウでしたが、Aトレインは交際発表をとりやめ、レース後の会見で「彼女募集中」と発言します。

それを観て、自棄になったポップクロウはコンパウンドVを使用して超ハイに。

偶然にも家賃の取り立てに来た大家のオッサンを家に招き入れ、なんとも間抜けな下着泥棒プレイを開始。

下着を盗むところを発見された大家は、お仕置きにポップクロウに顔面騎乗されます。

「お尻が大好きな淫らなブタですー!」と悶絶する大家。

ハイになって興奮しまくるポップクロウ。

そして、スーパーヒーローが本気で顔面騎乗した結果、大家の顔面つぶれて脳みそ飛び出します

本当の意味で昇天された大家さん、幸せな最期でしたね。

にしても顔面騎乗恐い・・・

コトを終えて、大家を殺してしまったことに気づきパニックに陥るポップクロウ。

一部始終を観ていたブッチャーたちは、ポップクロウ宅に乗り込みます。

昇天した大家を片付ける代わりに、コンパウンドVについて知っていることを話せと脅すのでした。

ホームランダーとクイーン・メイヴの関係性

どうやら2人は付き合っていたみたいで、クイーン・メイヴがホームランダーの元を去ったよう。

クイーン・メイヴの現場に現れ、強引なやり方で犯人をぶち殺すホームランダー。

そのホームランダーのやり方に、心底ウンザリしている様子のクイーン・メイヴ。

やはりクイーン・メイヴはセブンの良心なのか?

そして未練たらたらのホームランダーは、なぜ自分の元を去ったのかしつこく聞き続け、「君が他の誰かに恋したら我慢できない」言いながらクイーン・メイヴの首元をさすります。

ホームランダー恐ろしすぎ。

ホームランダーを突っぱねるクイーン・メイヴでしたが、やはりホームランダーの力には屈しているのか、反発しつつもいろいろと諦めてしまっているみたいです。

ホームランダーとクイーン・メイヴ、そしてマデリンの関係性は気になるところですね。

ヒューイとスターライト、接近

Aトレインのレース会場で再会するヒューイとスターライト。

前回会ったときは、スターライトは私服で、本名のアニーとして会っていました。

アニーの正体がスターライトだと知って興奮するヒューイ。

控室に忍び込んだフレンチーが見つかるのを防ぐためとはいえ、スターライトをランチに誘うことに成功します。

前回会ったときに「仕事が嫌い」と話していたスターライトに、セブンを辞めたら?と助言するヒューイ。

ブッチャーと一緒にヴォート&セブンを潰そうとしている以上、いずれはスターライトとも戦うことになってしまうため、それだけは避けたいんですね。

とりあえず電話番号を交換したヒューイとスターライトでしたが、それを聞いていたブッチャーは、「よし」とヒューイとスターライトの関係を利用するつもり満々なようです。

トランスルーセントのバラバラ遺体見つかる

トランスルーセントの破片を詰め込んだジュラルミンケース(と思いきや亜鉛のケースだったらしい)を、ディープが海で発見。

ホームランダーが唯一透視できない亜鉛製のケースに入れたため、発見できなかったみたいです。

前回、ホームランダーに恐怖の肩もみをされてビビりまくってるディープは速攻ホームランダーに報告。

ホームランダーはトランスルーセントが行方不明になっているにもかかわらず、あまり危機感を持っていないマデリンに、亜鉛ケースの中身を見せるのでした。

恐怖で一瞬で青ざめるマデリン。

そして亜鉛ケースの蓋には「覚悟しろ」の文字が・・・!

 

ちなみに、時速1600kmで走るAトレインのレース。

大観衆が観に来てましたけど、肉眼では全く見えず、大型ビジョンに映る超スローモーション映像でしか勝敗が分からないという。

このレース、観てて何が面白いんだ!!

といったところで第3話は終了です!

どうやらシーズン2配信開始の9月4日までに全話見返しは間に合わなさそうということを報告しておきます!

『ザ・ボーイズ(THE BOYS)』はAmazonプライムビデオで配信中です!

次回、第4話『彼女』の感想はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました