【DCドラマ始めました】海外ドラマ『ARROW/アロー』シーズン1第5話感想|正体バレたそうでバレたくないオリバー【ネタバレあり】

アロー1-5 海外ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DCドラマ『ARROW/アロー』シーズン1第5話を視聴しました。

備忘録的に感想をまとめていきます!

ここまでの感想はこちら↓

スポンサーリンク

シーズン1第5話『傷痕』感想(ネタバレ注意!)

ドラマを観た僕の感想をザックリと書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずにドラマを観たいという人は先にドラマを観てから読んでください!

ローレルがオリバーの弁護

アローに変装するところを、うっかり監視カメラに捉えられてしまったオリバー。

殺人容疑などで逮捕されてしまったオリバーは、ローレルに弁護をお願いします。

オリバーもローレルも周囲から猛反対されるも、なんだかんだでローレルが弁護することに。

びっくりするほど無人島じゃなかった

無人島で5年間過ごしたと思われているオリバー。

これまでの回想で、アローの師匠的なアジア系の男がもう一人島にいたことは判明してます。

が、今回の回想で、謎の軍隊が島に入り、アジア人師匠を探していたことが判明。

もう全然無人島じゃない!!

しかもその軍隊にあっさり捕らえられ、なかなかの拷問を受けるオリバー。

身体中にブスブスとナイフ刺されまくります。

アジア人師匠の居場所を吐かせようとするのですが、なぜかまったく口を割らないオリバー。

そのおかげで師匠から認められるのでした。

ディグルがアローに

先ほど「うっかり監視カメラに捉えられた」なんて言いましたが、それも全てオリバーの計画の内。らしい。

刑務所行き前のパーティーを開き(毎話パーティーやってるな)、そこでオリバーのアリバイを作っておいて、その間に相棒ディグルがアローに変装して悪党の取引現場に現れる、という計画を立てます。

しっかりアローとしての仕事をこなすディグル。

そして、見事に「オリバー=アロー」の疑いを晴らすのでした。

にしても、ちゃっかり相当な無理難題をこなすディグル、出来るやつ。

義父ウォルターはまともな人

オリバー母の怪しい動きに気づき始めたウォルター。

信頼できる警護担当に調査させると、翌日その警護担当が事故死してしまいます。

なんだかんだ隠し事しまくるオリバー母に嫌気がさし、家を出ていくウォルター。

義父ウォルター、なんとなくイケ好かない感じで、オリバー母と裏で手を組んで悪事を行ってるのかと勝手に思ってたけど、普通にまともな人だったんですね

今後また彼は現れるのでしょうか?

結局完全には疑いは晴れていない模様

一時的に「オリバー=アロー」の疑いは晴れたものの、近しい人たちはだいぶ疑っているみたいです。

今のところ、話の主軸は「アローの正体が周りにバレるのか?」ということなので、今回の悪役・武器商人のレオ・ミュラーは残り1分であっさり撃破されます。

もはや敵はどうでもいい感じになっちゃってますね。

シーズン1はこんな感じで続くんか?

といったところで第5話は終了です。

 

DCドラマ『ARROW/アロー』は、Netflixで配信されてますよ!

次回、第6話『正すべきもの』の感想はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました