マルチ商法で貧乏主婦が神になる?!海外ドラマ『ビカミング・ア・ゴッド』第7話感想|コーディ、サウナで詰められる【ネタバレあり】

ビカミング・ア・ゴッド第7話 海外ドラマ
出典元:ビカミング・ア・ゴッド公式サイト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazonプライムビデオ内のチャンネル「スターチャンネルEX」で配信中の海外ドラマ『ビカミング・ア・ゴッド』第7話を視聴しましたので、感想をまとめていきます。

ここまでの感想はこちら↓

スポンサーリンク

第7話『試される男』感想(ネタバレ注意!)

ドラマを観た僕の感想をザックリと書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずにドラマを観たいという人は先にドラマを観てから読んでください!

クリスタル、プールのマネージャーに

FAMの仕事に専念するため、プールの仕事を辞めてしまったアーニー。

そのアーニーの後釜として、ちゃっかりマネージャーに昇格したクリスタル。

自身が考案したスプラッシャサイズの普及に励みます。

しかしなかなか乗り気になってくれない社長のスタン。

FAMを告発

クリスタルはFAMの実状を告発すべく、テレビ局のレポーターであるマルタ(ヤク中)に連絡を取り面会します。

ですが、告発するには証拠が少なすぎるということで、オビーの警護担当になったコーディに盗聴器を仕掛けることに。

さらにマルタはカメラを持ち、オビーとコーディの密会を盗撮しに行くのでした。

アーニー一家、終わりの始まり

一方、仕事を辞めてFAMに専念し始めたアーニーは、ますますFAMに没頭していきます。

生活すべてがFAM一色に。

奥さんを無理やり連れ出してFAMの集会へ。

ボーリングに連れて行ってもらえると思って喜んでいた奥さん、気の毒過ぎる。

そして下位会員の前ではしゃぎまくるアーニー。

どんどん人相が変わってきます。

あんなに仲の良かった夫婦に綻びが生じ始めます。

コーディに掛けられた疑惑

コーディを怪しむ、もう一人の警備担当ペンランド。

かつて自分の父親の悪事をFBIに垂れ込んだ、という情報をオビーに伝え、警戒したほうがいいと忠告します。

オビーはコーディを試すことに。

警備のミーティングと称してコーディを呼び出します。
(マルタとクリスタルはこれを尾行&盗聴)

呼び出された場所に着くとなぜか裸にされるコーディ。

そしてサウナ的なところに入ると、そこには汗だくのオビーが。

ここから超気色の悪い詰問が始まります。

「誰に言われてここに来た?」「お前は何者だ?」

徹底的に詰められるコーディ。

しかしその度が過ぎる信仰心で見事にオビーの尋問をクリア。

信頼を獲得するのです。

スプラッシャサイズを横取りされる

夜な夜な盗聴したテープを聞くクリスタル。

コーディとオビーの会話はバッチリ録音されています。

すると、クリスタルが働くプールを買取ったという会話が。

そしてガーボーシステムを拡大するためにスプラッシャサイズを利用し、クリスタルは用無しに、という衝撃の会話が録音されていました。

一言「ふざけんな!!!」と怒号を飛ばすクリスタル。

ここで第7話は終了。

残り3話!
クリスタルの復讐はどうなる?!

 

海外ドラマ『ビカミング・ア・ゴッド』は、Amazonプライムビデオ内のチャンネル「スターチャンネルEX」で視聴できますよ!

次回、第8話『誕生日』の感想はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました