『ARROW/アロー』シーズン1第8話感想|誰一人としてまともじゃない!【ネタバレあり】

アロー1-8 海外ドラマ
出典元:ワーナー公式サイト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DCドラマ『ARROW/アロー』シーズン1第8話を観ました。

備忘録的に感想をまとめていきます!

ここまでの感想はこちら↓

スポンサーリンク

シーズン1第8話『歪んだ心』感想(ネタバレ注意!)

ドラマを観た僕の感想をザックリと書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずにドラマを観たいという人は先にドラマを観てから読んでください!

復讐の話は何も解決してません

結局ヤってたオリバーとヘレナ。

復讐と正義について口論してたけど、なんだかんだ分かり合えたってことなのか?

と思いきや、全然何も解決していませんでした

夜な夜なベッドを抜け出しトライアドのリーダーをぶっ殺しに行きます

が、後を付けたオリバーに邪魔されて失敗に終わります。

ここでまた復讐について口論。

その後、またレストランでなんかちょっとイイ感じ。

なんなのこいつら。

嫉妬しまくるディグル

このところヘレナに首ったけのオリバー。

そんな2人に嫉妬しまくりのディグル。

「本当の相棒は俺だろ!?」ってな感じ。

何でもかんでもヘレナに全部ベラベラ喋るオリバー。

それを叱責するディグル。

いつもディグルは正論言ってます。

嫉妬が行き過ぎて、ついつい「彼女と寝たのか?」と聞いてしまうディグルでした。

ヘレナ、ヒーロー化

オリバーにそそのかされて、一緒にヒーロー活動を開始するヘレナ。

オリバーからコスチュームを与えられます。

素顔ほぼ丸出しだけど、『キックアス』みたいでカッコいい!

ヒーロー活動を終え、本当の正義を理解したかに見えたヘレナですが、結局この2人、そんなことよりSEXな感じになってます。

大丈夫かこの2人?

最悪過ぎる4人での会食

高級レストランで思わぬ形で会食することになった、オリバー、ヘレナ、ローレル、マリーンの4人。

これがまぁ最悪。

死ぬほど胸糞悪くなる

デリカシーって言葉を知ってる人は1人もいないのでしょうか?

結局4人全員、超いやーな感じになって会食は終了。

それぞれ喧嘩別れする、ローレル&マリーンとオリバー&ヘレナ。

驚くべきはその2分後、速攻でローレル宅に謝罪に訪れるマーリン。

即仲直り。

相変わらず「キレる→謝る」を繰り返すバカたち。

そしてヘレナにフラれたオリバーは、元カレ・ディグルの元に向かい、「君の言う通りだ!彼女の暴走は止められない」とかなんとか。

フラれた瞬間にヘレナをヤバい奴認定するオリバー。

まともな人間はいないのか?

彼らに情緒みたいなものはあるのでしょうか?

ヘレナ、ほんとに暴走

オリバーの軽薄さに気づき、傷ついたヘレナは暴走してトライアドのリーダーをぶち殺します。

これにてバーティネリとトライアドの全面戦争が勃発。

この抗争を止めるのかと思いきや、明らかにバーティネリの肩を持つオリバー。

命からがら逃げだしたバーティネリにとどめを刺そうとするヘレナ。

ところがまたもやオリバーに邪魔をされ、最終的にはバーティネリにボーガンで撃たれてしまうヘレナ。

ヘレナを治療して命を救うオリバーでしたが、ヘレナの信頼は全く回復されず。

傷心を癒してもらうべくディグルを呼び出すオリバー。

ヘレナとうまくいかなかったのが相当嬉しかったのか、終始ニヤけた顔で慰めるディグルと最終的には元気になるオリバー。

やっぱりこの2人が最高のコンビですね!

 

DCドラマ『ARROW/アロー』は、Netflixで配信されてますよ!

次回、第9話『新たな闇』の感想はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました