【阪神JF2020】ザコ馬券師の競馬考#26|予想結果&全頭レース回顧

阪神JFレース回顧 競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク

競馬歴12年、年間トータル収支プラスは一度も達成したことがないザコ馬券師の私が、糞の役にも立たない競馬考察をします。

毎週、日曜開催の重賞1Rのみに絞って、出走登録馬全頭の過去レースを知ったかぶりで分析していきます。

すべては自分の馬券力向上のために。

是非、参考にしないでください。

 

史上初の白馬がGⅠ制覇!

そんな阪神JFの全頭レース回顧です。

人気ブログランキングへ


競馬ランキング

ここまでのチャンピオンズカップ分析はこちら↓

過去レースの予想成績&レース分析まとめはこちら↓

スポンサーリンク

阪神JF予想結果

買い目はこんな感じ。

ユーバーレーベンを買っていなかったので惜しくもハズレ・・・

-2,800円

 

ブログで公開した印の結果は・・・

◎⑥ソダシ(1人気)→1着

○⑦サトノレイナス(2人気)→2着

▲⑫オパールムーン(5人気)→6着

1,2番人気を当てたところで・・・

 

予想実績はこんな感じになりました。

本命馬成績(2,0,1,1) 単勝回収率120% 複勝回収率95%

馬券成績 収支-20,320円 回収率18% 的中率25%

 



 

阪神JF出走全頭レース回顧

それでは出走全頭のレース回顧を始めます。

2020/12/13(日) 阪神JF GⅠ 阪神芝1600m 曇・良 速・M

1着 ⑥ソダシ(1人気) 吉田隼人(54.0)

先行 1:33.1(34.2) -0.0

ゲート入りを嫌がるも、スタートは良く5番手につける。
道中は吉田隼人がグッと抑えながら進むが許容範囲。
直線は一瞬前が塞がるがすぐに開き前に出る。
伸びは正直、過去レースに比べるといまいちで、一旦は内からサトノレイナスに差されるも、ゴール前で再度差し返してハナ差の勝利。
相当強い勝負根性を持っている。
ゲートを嫌うのが癖にならないといいが、来年以降も楽しみで仕方ない。

 

2着 ⑦サトノレイナス(2人気) C.ルメール(54.0)

差し 1:33.1(34.2) +0.0

中団からの競馬。
道中は折り合いしっかりついている。
直線は馬群を縫って前に出て、坂で一気に伸びて先頭に立つが、最後ソダシに差し返されて2着。
一瞬勝ったと思わせる良い競馬を見せた。
起用でパワーもあって切れる脚も併せ持つ強い馬。
来年もソダシとの名勝負を繰り広げてほしい。

 

3着 ⑪ユーバーレーベン(6人気) M.デムーロ(54.0)

追込 1:33.2(33.6) +0.1

後ろから3番目に控える。
4コーナーで外に膨れながら直線に入る。
直線始めはふらつく感じを見せたが、最後の坂は真っすぐ伸びてきて3着に飛び込む。
まだ馬が幼い印象。
距離が延びてもまだいけると思うので、オークスあたりで成長しきっていれば楽しみ。

 

4着 ⑱メイケイエール(3人気) 武豊(54.0)

差し 1:33.3(34.0) +0.2

出遅れる。
激しく掛かりながら中団後方を進む。
コーナーは1番外を回り、直線は大外へ。
直線に入ると物凄い脚で先頭に襲い掛かるが、最後は坂で少し失速して4着。
やはり距離は短い方が良いと見るが、それでも能力の高さを見せつけた。
道中落ち着いて走れたらどれだけ強いんだ。

 

5着 ⑧ヨカヨカ(10人気) 福永祐一(54.0)

逃げ 1:33.5(34.8) +0.4

好スタートから楽にハナに立つ。
無理して競り掛けてくる馬もおらず、自分のペースで逃げれる。
直線で一旦は後続を突き放しかけるが、残り200mあたりで脚が無くなり後続に差されて5着。
やはり距離は長い。
それでも逃げれば強いところを見せた。
今後は1200mでの活躍に期待したい。

 

6着 ⑫オパールムーン(5人気) 横山典弘(54.0)

追込 1:33.6(33.8) +0.5

グッと抑えながら後ろから2番目を走る。
直線は外を伸びてくるも、坂での伸びが微妙。
道中多少力んでいるように見えたので、そのせいで脚を溜められなかったか。

 

7着 ③ジェラルディーナ(8人気) 岩田康誠(54.0)

追込 1:33.6(33.7) +0.5

少し出遅れて、最後方に控える。
道中は折り合いも付いている。
直線は大外に持ち出して追い出す。
大きくよれることもなく、わりとしっかり走れている。
が、大きな爆発力を感じることもなく無難に走り終えたという印象。
これまでのレースで感じた、スケールの大きさは感じられなかった。

 

8着 ⑤サルビア(14人気) 松山弘平(54.0)

先行 1:33.8(34.8) +0.7

好スタートから前へ行くが掛かってしまう。
コーナーは最内を回り、直線も内を突いてくるが坂でピタッと止まってしまう。
やはり坂は苦手そうだし、距離も長いのでは。

 

9着 ⑬アオイゴールド(17人気) 団野大成(54.0)

差し 1::34.0(34.8) +0.9

中団からの競馬。
直線は良い位置に持ち出すが、伸びがいまいち。
坂も一応はジワジワ伸びてきているように見えるが、前の馬には全く追いつけず。
これが馬の実力なのか、一度しっかり休ませてからか。

 

10着 ②ルクシオン(16人気) 西村淳也(54.0)

追込 1:34.0(34.1) +0.9

好スタートからスッと下げて後方待機。
直線は馬場の真ん中に出して追い出す。
良い脚で伸びてきてはいるが、坂で止まってしまう。
平坦コースの短距離がベストか。

 

11着 ⑮エイシンヒテン(7人気) 松若風馬(54.0)

先行 1:34.0(35.2) +0.9

逃げ切れずに3番手から。
4コーナーで隣の馬に少し寄られる。
直線では前の馬を詰めることなく、残り300mで力尽きる。
逃げれないとこんなもんなのか。

 

12着 ④リンゴアメ(15人気) 丹内祐次(54.0)

差し 1:34.1(34.8) +1.0

好スタートから中団に控える。
直線は内を突いて良い脚で伸びてくるが、坂で完全に止まる。
1600mは長い。

 

13着 ①ウインアグライア(13人気) 横山武史(54.0)

追込 1:34.1(34.5) +1.0

中団に控える競馬。
直線は内を突いてくるが、ほぼ伸びずに終わる。
キレる脚は無さそうなので、前から行かないと力を出せないか。

 

14着 ⑯インフィナイト(4人気) 北村友一(54.0)

先行 1:34.4(35.4) +1.3

前目につける競馬。
直線に向いたときは先頭に立ちそうな勢いに見えたが、そこから全く伸びず。
速い馬場には対応できないか。

 

15着 ⑨ナムラメーテル(18人気) 和田竜二(54.0)

差し 1:34.4(35.1) +1.3

中団後方に控える。
折り合いは合っていて脚を溜めれているかに見えたが、直線では全く伸びずにズルズル後退。
この馬の実力か。

 

16着 ⑰フラリオナ(12人気) 浜中俊(54.0)

追込 1:34.4(34.9) +1.3

中団後方を押しながら進む。
内に進路をとるが、若干前が詰まっているような。
浜中も途中で腰を上げている。
前が詰まる詰まらない関係なく、伸びる気配は感じられなかったが。

 

17着 ⑩シゲルピンクルビー(11人気) 幸英明(54.0)

先行 1:34.7(35.7) +1.6

先団につける。
3コーナーから追い出し開始する。
直線では手応え悪く、最後まで全く伸びずに終わる。
馬の調子の問題か、まったく走れていない。

 

18着 ⑭ポールネイロン(9人気) 藤岡佑介(54.0)

先行 1:35.3(36.6) +2.2

逃げ切れずに2番手から。
4コーナーで少し膨らむ。
直線に入ると早々に脚が無くなり垂れていく。
距離が長いのもあるが、もしかしたら右回りが苦手な可能性も。

 

以上で阪神JF出走全頭レース回顧終了です!

次週は牡馬の2歳マイルGⅠ、朝日杯FSを予想します!

人気ブログランキングへ


競馬ランキング

次回、朝日杯FSの出走登録全頭過去レース分析その1はこちら↓



コメント

タイトルとURLをコピーしました