【マイルチャンピオンシップ】ザコ馬券師の競馬考#6|レース回顧

マイルチャンピオンシップレース回顧 競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク

競馬歴12年、年間トータル収支プラスは一度も達成したことがないザコ馬券師の私が、糞の役にも立たない競馬考察をします。

毎週、日曜開催の重賞1Rのみに絞って、出走登録馬全頭の過去レースを知ったかぶりで分析していきます。

すべては自分の馬券力向上のために。

是非、参考にしないでください。

 

グランアレグリアの強さを見せつけらたマイルチャンピオンシップのレース回顧です!

人気ブログランキングへ


競馬ランキング

ここまでのマイルチャンピオンシップ分析はこちら↓

スポンサーリンク

マイルチャンピオンシップ予想結果

レース直前のTwitterから。

買い目と結果はこんな感じ。

◎△▲の3連単4,480円的中です!

が、合計4,500円購入のため、収支は-20円です・・・

何にせよ初回の予想で当てれたのでホッとしております。

 

ブログで公開した印の結果は・・・

◎④グランアレグリア(1人気)→1着

○⑦アドマイヤマーズ(5人気)→3着

▲⑭サウンドキアラ(7人気)→10着

爆弾穴馬①ベステンダンク(16人気)→9着

 

初回の結果はこんな感じでした。

本命馬成績(1,0,0,0) 単勝回収率160% 複勝回収率110%

爆弾穴馬成績(0,0,0,1) 単勝回収率0% 複勝回収率0%

馬券成績 収支-20円 回収率99% 的中率100%

マイルチャンピオンシップ出走全頭レース回顧

それでは出走全頭のレース回顧を始めます。

2020/11/22 マイルCS GⅠ 阪神芝1600m 曇・良 S

1着④グランアレグリア(1人気) C.ルメール(55.0) 1:32.0(33.2)

中団で控える競馬を予想していたが、前からの競馬。
直線前を塞がれ抜け出せないが、ルメールが落ち着いて進路を変え、残り200mから追い出し開始。
追い出してからの脚は他馬とレベルが違う。
最後は余裕を持ってゴール。
力の差を見せつけた。

 

2着⑧インディチャンプ(3人気) 福永祐一(57.0) 1:32.1(33.2)

先団でグランアレグリアの後ろにピッタリつける。
直線は前を塞がれるグランアレグリアを尻目に、スムーズなコース取りで先頭に。
坂ではやっぱり伸びが鈍るように見える。
最後はグランアレグリアにあっさりかわされ2着。
あまり評価していなかったが、強いは強い。

 

3着⑦アドマイヤマーズ(5人気) 川田将雅(57.0) 1:32.2(33.6)

先行して4番手という、この馬にとっては最高の位置取り。
4コーナーから手応えよくスルスルと上がっていき直線へ。
直線はジワジワと足を伸ばすもインディチャンプにかわされる。
差を広げられず粘るも、そのまま3着。
良い競馬をしたが、力負けか。

 

4着⑪スカーレットカラー(13人気) 岩田康誠(55.0) 1:32.4(33.3)

後方待機ではなく、少し掛かり気味に中団最内へ。
直線も内を突き、鋭い脚で伸びてくる。
先頭に立ちそうな勢いを見せるも、最後に坂で止まってしまう。
道中掛かったせいか、中団で競馬をしたせいか。
何にせよ、スムーズな競馬ができればGⅠでも通用する力があることを証明した。
決してフロックではない。

 

5着⑰サリオス(2人気) M.デムーロ(56.0) 1:32.4(33.1)

スタート微妙。
道中は中団後方に待機。
直線は大外からグイグイ伸びてくる。
坂も止まらず伸びるも届かず。
道中の位置取りの問題か。
負けて強し、評価は下げず。

 

6着⑯ヴァンドギャルド(8人気) 戸崎圭太(57.0) 1:32.5(33.2)

スタート良く、道中は中団待機、掛かり気味に進む。
4コーナーから追い出し開始し、直線は馬場の真ん中を伸びて行くが前との差は詰められず。
最後までしっかり伸びているし、GⅠのスローペースでこれなら健闘している。
再度、展開が嵌るのを期待し続ける。

 

7着⑮ペルシアンナイト(11人気) 大野拓弥(57.0) 1:32.6(33.2)

後方からの競馬。
直線の位置取りが悪く、追い出し開始は残り300m付近から。
スローペースでこれでは届かない。
最後までしっかり伸びてきているので、馬の力はしっかりある。

 

8着②レシステンシア(4人気) 北村友一(54.0) 1:32.8(34.3)

スタート後、追って逃げる。
競り掛けてくる馬もおらず、無理せず道中は進む。
残り200m手前で後続馬にかわされ、坂でズルズル下がっていく。
休み明けがダメだったと見ます。

 

9着①ベステンダンク(16人気) 藤岡佑介(57.0) 1:32.8(34.0)

追って追っての3番手、まずまずの位置に付けれたか。
直線に入ってからは垂れず伸びず。
しかし最後の坂でジワリと伸びてきている。
GⅠでは足りないようだが、やはり前から行けば重賞好走は十分あるとみる。

 

10着⑭サウンドキアラ(7人気) 松山弘平(55.0) 1:32.9(33.7)

スタート良く、中団で構える形。
前に馬を置けず、若干掛かっているように見える。
直線伸びそうな雰囲気も見せたが、坂で止まる。
スローペースでは無理なのか、掛かって体力を使ったか。
どちらにせよ展開が向かなかった。

 

11着⑤メイケイダイハード(15人気) 酒井学(57.0) 1:33.0(33.9)

中団で控える競馬。
直線向いて一瞬伸びるも、坂で止まる。
やはり距離が長いのか、実力的にもこんなもんか。

 

12着⑫アウィルアウェイ(14人気) 藤岡康太(55.0) 1:33.2(33.9)

中団最内で進む。
直線大して伸びず坂でズルズル下がる。
距離が長い上に、スローペースじゃどうにもならん。

 

13着③ケイアイノーテック(10人気) 津村明秀(57.0) 1:33.2(33.6)

最後方から。
自分の競馬をしっかりしているが、スローペースではどうにも無理。

 

14着⑬タイセイビジョン(12人気) 石橋脩(56.0) 1:33.2(34.2)

中団前目の競馬。
前に壁を作れず、若干掛かり気味で進む。
直線ほぼ伸びず、200m手前で一瞬伸び掛けるも坂で止まる。
もう少し後ろで控える競馬の方が合うと思うし、坂もやっぱり苦手では。

 

15着⑥ラウダシオン(6人気) 武豊(56.0) 1:33.2(34.6)

すんなり2番手につけ、道中折り合いもあっている。
が、直線向くとズルズルと下がり始めて見せ場なし。
展開的には合っていたと思うので、阪神苦手の可能性が。

 

16着⑩ブラックムーン(17人気) 幸英明(57.0) 1:33.4(33.9)

後方でしっかり脚を溜めるも、直線全く伸びず。
年齢的にもう走れないのかも。

 

17着⑨カツジ(9人気) 池添謙一(57.0) 1:34.3(35.6)

前目の外に付ける競馬。
直線に入るとズルズルと後退。
時計の出る馬場では全くついていけないか。

 

 

以上でマイルチャンピオンシップ全頭レース回顧終了です!

次週は3強出揃う史上最高のジャパンカップ!

じっくり分析していきたいと思います。

人気ブログランキングへ


競馬ランキング

ジャパンカップ2020の予想はこちら↓



コメント

タイトルとURLをコピーしました