【ネタバレあり感想】映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』|ライトエヴァファンの感想です。

シンエヴァ 映画感想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

遂に観てきましたよ『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

ちなみに僕はハードコアなエヴァファンではないので、考察ではなくただの感想になりますので悪しからず。

 

スポンサーリンク

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の概要

庵野秀明監督による大ヒットアニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの最新作にして完結編。1995~96年に放送されて社会現象を巻き起こしたテレビシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」を再構築し、4部作で描いた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ。2007年に公開された第1部「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」、09年の第2部「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」、12年の第3部「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に続く今作は、「新劇場版」シリーズの集大成となる。テーマソングは、これまでの「新劇場版」シリーズも担当した宇多田ヒカル。ミサトの率いる反ネルフ組織ヴィレは、コア化で赤く染まったパリ旧市街にいた。旗艦AAAヴンダーから選抜隊が降下し、残された封印柱に取りつく。復元オペの作業可能時間はわずか720秒。決死の作戦遂行中、ネルフのEVAが大群で接近し、マリの改8号機が迎撃を開始した。一方、シンジ、アスカ、アヤナミレイ(仮称)の3人は日本の大地をさまよい歩いていた……。

2021年製作/155分/G/日本
配給:東宝、東映、カラー

引用元:映画.com

 

総監督:庵野秀明
監督:鶴巻和哉、中山勝一、前田真宏
企画:庵野秀明

声の出演:緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃、山口由里子、石田彰、立木文彦、清川元夢、長沢美樹、子安武人、優希比呂、大塚明夫、沢城みゆき、大原さやか、伊瀬茉莉也、勝杏里

 

予告編はこちら↓

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告【公式】

 

個人的評価:80点

 

ここから感想文(ネタバレ注意!)

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を観た僕の感想をザックリ書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずに映画を観たいという方は、まず先に映画を観てから読んでください!

僕のエヴァ史

あらかじめ言っておきますと、僕は全然ハードコアなエヴァファンではありません。

エヴァが社会現象を巻き起こすほどの大ブームになった96年(であってます?)は小学校5年生。

もちろん周りの友達の影響もあり、それなりにエヴァにハマりましたよ。

レンタルビデオで全話観て、プラモ買ったり、僕の周りではミニポスターのガチャがやたら流行ってガチャやりまくったり、小学生にして偉そうに考察本とか買って読んだりもしてたような。

旧劇場版もしっかり観たし、その後に出たPSのゲームとかも割とやってたり。

思い返せばそれなりにどころかズッポリハマっていたのかも。

小5の僕にとってはかなり衝撃を受けたんだと思います。

それから時は経って、新劇場版。

『序』が公開する頃には、日常でエヴァのことを考えることなんて1秒もないぐらいにエヴァから離れてしまっていたので劇場公開時は多分観てないはず。

新劇場版を観たのは『破』がレンタルの棚に並ぶようになる頃に『序』『破』とまとめて観たんだと思います。

その時の感想は「懐かしいなぁ」と「なんかしっくりこない」って感じで全然ハマれなかった気がします。

『Q』が公開された時、僕は社会人4年目。

思い返すと当時は究極に仕事が嫌になっている時で、仕事辞めようかどうしようかほぼノイローゼ状態でずっと考えていた時期。

『Q』が公開されていることすら気づいていないので相当病んでたんだと思います。

ちなみに、『シンエヴァ』公開直前に、「あれ?『Q』ってもう公開したんだっけ?『Q』は無しになって『シンエヴァ』になったの?」とか寝ぼけたことを思っていたのはここだけの秘密。

ようは僕とエヴァの距離感はそれぐらいな感じです。

でも今回の『シンエヴァ』で本当に完結すると聞いたら、それはもうやっぱり観ておきたいってことで、今回はしっかり全シリーズ復習しておこうと思ってTVシリーズ、旧劇、新劇は一気に全部観ましたよ!

で、小5ぶり(25年ぶり)にTVアニメ版のエヴァを観て最初に思ったのは「話の内容、全然覚えてねぇぇぇ」ってことでした。

なんとなくこんな感じって勝手に思ってたエヴァとだいたい同じっちゃ同じなんだけど、細かいこととか割と大きなことまで結構覚えていないことにビックリ。

そして、こんなの小学生の時に観てたのか!っていう衝撃。

エロイ、グロイ、そして全然意味わからない!(今観ても!)

確かに当時考察本買ってたはずだけど、1ミリも理解していなかったんでしょう。

どんな気持ちで考察本読んでたんだろう・・・

というわけで、ほぼ初見と変わりない感じでTV版、旧劇は純粋に超楽しめました。

25年ぶりに観て特に衝撃を受けたのは、カヲル君の話がたった1話完結だったことと、アスカが最終的に精神病んでやつれまくりだったこと。

本当に全く覚えていないので結構な衝撃でした。

そして新劇。

TV版が新鮮に面白かったのと、なんだかんだ小5当時の記憶の扉を開きまくったのもあって、ノスタルジックかつセンチメンタルな気分も相俟って超楽しめたのに対し、『序』『破』はやっぱり今観ても正直あんまり・・・って感じでした。

『Q』も全く知らない展開に進んでいってそれなりにワクワクできたものの、あまりにもシンジ君に対して誰も何も説明しなさすぎなのに普通にムカついてしまってこれもまた全然楽しめなかったんです。

でも、それでも思ったのは「当時リアルタイムで観ておきたかった」という後悔。

そんな感じで『シンエヴァ』に辿り着きました。

 

全部含めてエヴァンゲリオン

パンフレット

で、今回の『シンエヴァ』がどうだったのかって話です。

ここまで長々と話してきて分かる通り、エヴァのストーリーについて考察できるほどの知識は全く持ち合わせておりませんので、単なる感想になりますが。

 

最後の最後までやっぱり全然理解は出来なかったけど、心はポカポカしましたよ。

 

って感じでした。

ずっと25年間追ってきたわけではないけど、それでも小学生の時に観てたアニメが35歳になった今、ようやく完結するってそれなりに感慨深いものだし、小学生の時に観といて良かったーって感じですよ。

ラストに向かうにつれて全然何が起きてるのか分かんなくて置いてけぼりにされてんだけど、なんか分かったような気になってすごくちゃんと完結したような気がしなくもないんだけど、やっぱりよく分かんなくてそれでもちゃんと「さようなら、すべてのエヴァンゲリオン」って気持ちにさせてくれるあたりが、全部ひっくるめて僕にとってのエヴァンゲリオンなんだなって思いました。

あとはハードコアなエヴァファンの方たちの考察や熱い思いを聞くというこの後の楽しみも含めてそれで1セットって感じです。

最後に、ここ2週間ぐらい過去作含めて一気に見返した個人的な思いとして、なんだかんだでアスカが一番不憫でならないってことがめちゃくちゃ気がかりです。

めちゃくちゃネアカなキャラってイメージしかなかったアスカがTV版では精神病んでたっていう衝撃をずっと僕が引きずっているだけなのかもしれませんが、彼女はちゃんと幸せになれたのでしょうか?

ラストの駅のホームのシーンでも、みんなが幸せな現在を生きている中、アスカだけ1人だったように見えたんだけど(見間違えだったらゴメンナサイ)。

このあたりも誰かの考察見るのを楽しみにしておきます。

 

総評

評価は80点ってしたけど、『シンエヴァ』単体の評価ってよりこの2週間過去作の復習も含めてめちゃくちゃ楽しめての80点って感じです。

冷静に考えたら、やっぱり全然意味わからないし!

それでもやっぱり最高でした!

 

この他にも映画の感想を書いていますので、興味があればぜひ!↓

マイベスト映画ランキング(現在43本)
当ブログでは時折、観た映画の感想を完全なる私感でテキトーにざっくり書いています。そして図々しくも勝手に採点までしているので、せっかくなので図々しいついでに点数順にランキング形式で、扱った全映画を紹介していこうと思います。ブログを書くたびに順次更新していきますので宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました