海外ドラマ『ザ・ボーイズ(THE BOYS)』シーズン2第7話感想|配信停止された問題作?【ネタバレあり】

ザ・ボーイズ2-7 海外ドラマ
出典元:Amazon.co.jp
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ザ・ボーイズ(THE BOYS)シーズン2』第7話観ました!

ちなみに配信停止される前のオリジナル版は観れてません!

シーズン1と同様に、ドラマを観た個人的な感想をその都度まとめていきます。

 

ここまでの感想はこちら↓

シーズン1の感想はこちら↓

スポンサーリンク

第7話『発火』感想(ネタバレ注意!)

ドラマを観た僕の感想をザックリと書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずにドラマを観たいという人は先にドラマを観てから読んでください!

メディアをコントロール

冒頭、何でもない一般市民の青年の日常が描かれます。

毎日同じルーティンを繰り返す青年。

テレビやネット、SNSでは連日ストームフロントがスーパーヴィランの打倒を訴え、一般市民にも立ち上がるよう呼び掛けています。

徐々に偏った情報に洗脳されていく青年。

ある日、いつもの売店で店員のおっさんの眼が光ったように見え(実際には外の車のライトか何かで光って見えただけ)店員のオッサンがスーパーヴィランであると勘違い。

翌日、青年は銃で店員のおっさんの頭をぶち抜いてしまうのでした。

メディアを巧みにコントロールしまくるストームフロント。

スターライト捕まる

コンパウンドVの存在が公になってから、微妙な関係が続いていたスターライトと母親。

スターライトと仲直りしたい母親は、スターライトとカフェで落ち合う約束を取り付けます。

カフェで謝罪を繰り返す母親。

ヴォートでのヒーロー活動に嫌気が差しているスターライトに、2人で遠くへ行こうと提案します。

ヴォートから了承も取ってある、と。

もちろん後をつけてきていたヴォートは、スターライトと母親の身柄を確保するのでした。

ヴォート公聴会

コンパウンドVの使用に関しての公聴会が開かれることになり、ランプライターに証言してもらうことを目論むマロリーとニューマン議員。

しかしランプライターの証言だけでは不十分、ということでフォーゲルバウム博士に会いに行くマロリーでしたが、あっさり断られます。

今度はそれを聞いたブッチャーがフォーゲルバウム邸に乗り込みます。

フォーゲルバウムの大事な家族を皆殺しにすると脅すブッチャー。

 

マロリー、ブッチャーらが外出中に、ヒューイはランプライターの監視役を任されるのでした。

その時ランプライターは、セブンのB級パロディーポルノビデオを観てるんですけど、どうやらこれが過激すぎたっぽくて一時配信停止になってたらしいですね。

日本のみの対応みたいだけど、この先もずっと日本はこういう規制をしていくのでしょうか。

ヒューイ、救出に向かう

セブンB級ポルノが酷すぎて、観るに耐えかねたヒューイは思わずチャンネルを変えます。

すると、ストームフロントとホームランダーが集会でスターライトを捕らえたと演説している姿がニュースで報道されています。

トランスルーセント殺しの犯人はスターライトであると。

能力者の収容室の場所を知っているっぽいランプライターを説得して、スターライトの救出に向かうヒューイ。

なんとかヴォートタワーに侵入したものの、ランプライターに連れられて行ったのはセブンの会議室でした。

自分の銅像が撤去されていることにショックを受けるランプライターは、「自分の像の前でしたかった・・・」といって焼身自殺をしてしまいます。

ビビりまくるヒューイでしたが、火災報知器が作動することでスターライトが監禁されている収容室の扉が開くのでした。

母親を助けに行こうとするスターライトでしたが、ブラックノワールに見つかってしまい戦闘開始です。

が、強いブラックノワール、ぼこぼこにされるスターライト。

首を絞められ意識を失う寸前、クイーン・メイヴが助けに来ます。

ブラックノワールのマスクを剥ぎ、口に「アーモンド・ジョイ」をねじ込みます。

ブラックノワールはナッツアレルギーらしい。

『ヘレディタリー』思い出しちゃいます。

気絶するブラックノワール。

再度母親を救出に向かうスターライトは、先に母親を救出したヒューイと無事に出会うのでした。

ホームランダー、ストームフロント、そしてライアン

集会で赤ちゃんを見て、80年前の自分の娘のことを思い出すストームフロントに、「見せたいものがある」と言うホームランダー。

ストームフロントをライアンのもとへと連れて行くのでした。

「パパの新しい恋人だ」とストームフロントをライアンに紹介します。

外の世界を見せようとするストームフロントとホームランダー、そしてそれを必死に阻止するベッカ。

しかしベッカが夕食の準備をしている間に、ライアンに真実を話してしまうホームランダーとストームフロント。

嘘をつかれていたことに激怒するライアンは「ママなんて大嫌いだ!」と言って、ホームランダー達についていって去ってしまうのでした。

最悪・・・

凄惨な公聴会

公聴会当日、テレビで中継を見るボーイズ一同。

ブッチャーが脅したフォーゲルバウムが公聴会に証人として現れたことで、戸惑うホームランダー。

しかしフォーゲルバウムが証言を始める前に、判事の頭がボン!!

何が起きたか分からない一同。

すると次はフォーゲルバウムの頭がボン!!

大混乱に陥る公聴会。

次々に公聴会参加者の頭がはじけ飛んでいきます。

ホームランダーら、セブンの面々も何が起きているのか分かっていない様子。

どさくさに紛れて、Aトレインの後釜、ショックウェーブの頭もボンしてます。

これは、前回セージ・グローブから脱走したシンディーの仕業なのか?

だとしたらなぜ??

いろいろと謎を残したまま、シーズン2は最終話へ!!

 

そんな『ザ・ボーイズ(THE BOYS)シーズン2』はAmazonプライムビデオで配信中ですよ!

次回、第8話(最終話)『知っていること』の感想はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました