【ネタバレあり感想】韓国映画『KCIA 南山の部長たち』|ほぼ恋愛映画

KCIA 映画感想
(C)2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
スポンサーリンク
スポンサーリンク

現在公開中の新作韓国映画『KCIA 南山の部長たち』を観てきました!

未だ明らかになっていない朴正煕大統領暗殺の舞台裏を、「俺はこんな感じだったと思う!」と撮った、史実とフィクションが織り交ぜになった実録サスペンス映画。

なのですが、実際にはほぼ恋愛映画みたいになっていたので、そんな感じの感想を書いていきます!

スポンサーリンク

『KCIA 南山の部長たち』の概要

1979年に韓国の朴正煕大統領が中央情報部部長キム・ジェギュに暗殺された実話を基に映画化した実録サスペンス。金忠植(キム・チュンシク)によるノンフィクション「実録KCIA『南山と呼ばれた男たち』」を原作に、「インサイダーズ 内部者たち」のウ・ミンホ監督がメガホンをとった。1979年10月26日、大統領直属の諜報機関である中央情報部(通称KCIA)部長キム・ギュピョンが大統領を射殺した。事件発生の40日前、KCIA元部長パク・ヨンガクは亡命先であるアメリカの下院議会聴聞会で、韓国大統領の腐敗を告発した。激怒した大統領に事態の収拾を命じられたキム部長はアメリカへ渡り、かつての友人でもあるヨンガクに接触を図るが……。愛国心と野心との間で揺れ動くキム部長をイ・ビョンホンが熱演。共演に「目撃者」のイ・ソンミン、「哭声 コクソン」のクァク・ドウォン。

2019年製作/114分/PG12/韓国
原題:The Man Standing Next
配給:クロックワークス

引用元:映画.com

 

監督:ウ・ミンホ
原作:キム・チュンシク
脚本:ウ・ミンホ、イ・ジミン

出演:イ・ビョンホン、イ・ソンミン、クァク・ドウォン、イ・ヒジュン、キム・ソジン

 

予告編はこちら↓

『KCIA 南山の部長たち』2021.1.22(金)公開【予告編】

 

個人的評価:75点

 

ここから感想文(ネタバレ注意!)

『KCIA 南山の部長たち』を観た僕の感想をザックリ書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずに映画を観たいという方は、まず先に映画を観てから読んでください!

 

ウ・ミンホ監督

パンフレット

ウ・ミンホ監督の作品はこれまで1本も観たことが無かったので、この機にとりあえず配信で観れる3本を事前に予習も兼ねて観ました。

 

『スパイな奴ら』(2012)

韓国に潜伏する北朝鮮スパイたちを描いたスパイ・アクション・コメディ。
北朝鮮スパイたちが、とにかく全員キャラが立ってて最高!
コメディとして単純に笑えるうえに、アクションシーンも見応え十分。
すなわち最高のエンターテイメント映画でしたよ!

 

『インサイダーズ/内部者たち』(2015)

『KCIA』でも主演を務めたイ・ビョンホンが主演の、政界・財閥・裏社会の癒着と腐敗を描いたサスペンスアクション。
『スパイな奴ら』とは打って変わってシリアス路線。
バイオレンス描写がえげつなくなっている。
そして超絶悪趣味で気色悪くて不快感MAXの性接待シーンと、怪優ペク・ユンシク(僕はこの映画で初めて知りました!)が頭にこびりついて離れません。
3本観た中ではこれが一番好き!

 

『麻薬王』(2018)

Netflixオリジナル映画。
ヒロポンを製造・日本に密輸して荒稼ぎした、実在の韓国麻薬王の繁栄と凋落を描いたスカーフェイスみたいな映画。
主演はソン・ガンホ。
この情報だけでもう傑作!のはずが、なんか中途半端になっちゃった一本。
音楽の使い回しのダサさとか、細かい不満がたくさん残りました。
実際興行的にも失敗したみたいで、ウ・ミンホ監督自身も相当へこんだとインタビューで答えてます。

 

そんな感じで当たり外れはあったけど、ウ・ミンホ監督は社会派サスペンスアクションの名手!みたいな印象で、今後撮る映画は全部観たいと思うぐらいに3本とも楽しめましたよ!

で、そのウ・ミンホ監督が、朴正煕大統領暗殺事件の映画を撮ったとなれば、それはもう楽しみでしかない!

 

めちゃくちゃ恋愛映画でしたよ

イ・ビョンホンとクァク・ドンウォン
(C)2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

楽しみでしかない!とか言いつつ、朴正煕大統領暗殺事件について詳しくは全然知らないんですが。

そんな僕が観ても全然楽しめたので、事件の知識がなくても大丈夫だと思います。

 

で、映画はどうだったかと言うと、予想に反して恋愛映画みたいになってて超面白かったです!

 

朴正煕大統領暗殺事件自体、真相がほとんど解明されていない、ということすら知らなかったんですけど。

朴正煕を暗殺した犯人・KCIA部長のキム・ジェギュの、暗殺に至るまでの動機をフィクションで描くと言った内容の映画でして。

で、「暗殺の動機はこうに違いない!」と決めつけて撮ってるわけではなく、なぜ暗殺を行ったのかは映画を観た観客自身で考えてくださいって感じの作りになっているのですが。

僕は、完全に「恋愛のもつれで暗殺に走った」と受け取りました。

人生すべてを捧げて忠誠を誓った大好きな閣下(朴正煕)が自分を見捨てて、よりによって俺の大嫌いなあの野郎(クァク室長)と密になってイチャイチャしてやがる!

しかも目の前でイチャつきを見せつけられた挙句に、「最近俺を恨めしく思ってただろう?」なんて閣下に挑発されるもんだからジェラシー爆発して「もう我慢ならん!」って暗殺に走るという。

これ、ふざけて言ってるように思われるかもしれませんが、明らかにこう受け取れるようにも撮られてます、多分。

もちろん「民主化」という大義のためにってのもあるんだろうけど、僕はジェラシーが8,9割と取りました。

大好きな閣下のために、大親友まで殺したっていうのに!

 

実際に朴正煕、キム・ジェギュ(KCIA部長)、キム・ヒョンウク(元KCIA部長)の3人は元々は親友だったとか。

映画の途中、唐突に片言の日本語で「あの頃は良かった」「あの頃は良かったです」と言葉を交わすシーンも、映画を観終わって思い返すと死ぬほど切ない。

とにかくめちゃくちゃ切ない恋愛話でもあり、変わっちまった親友話でもありで、心打たれまくりでしたよ。

 

イ・ビョンホンの凄み

イ・ビョンホン
(C)2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

いまさら「イ・ビョンホンが凄い!」なんてことは言うまでもないんだけど、イ・ビョンホンが凄かった!

眼鏡と髪型だけでこんなに人って変わるのか?ってぐらい全くの別人になってました。

イ・ビョンホン主演って知らなかったら、映画始まってしばらくはイ・ビョンホンって気づかないぐらいに別人。

恋敵クァク室長と掴み合いのケンカのシーンの、ブチ切れてるけどケンカ弱そうな感じとか今までのイ・ビョンホンにはない感じ。

書いてて気づいたけど、イ・ビョンホンの映画ってそんなに本数観てないかもしれないから一概には言えませんが。

にしても、めちゃくちゃいい役者なんだなぁ、と改めてしみじみ感じました。

ラストの朴大統領を撃った後の、興奮と困惑と不安と若干の後悔みたいな何とも言えない感じなんて最高としか言いようがない。

 

あとは韓国映画ではもう当たり前すぎて言わずもがななんですけど、他の役者も全員超最高でしたよ!

 

独裁政権は続く・・・

軍事政権
(C)2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

実際の史実はその後どうなったのかと言うと、キム部長の決死のクーデターは失敗に終わり、朴正煕独裁政権の後は、より強固な独裁政権が誕生してしまうという悲惨すぎる結末が。

キム部長は絞首刑。

映画の最後に、実際のキム部長の公聴会での最後の音声が流れるんですけど、無念で仕方ない。

 

総評

イビョンホンと銃
(C)2020 SHOWBOX, HIVE MEDIA CORP AND GEMSTONE PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

結局のところフィクションなので、実際の動機がどうだったのかなんて永遠に分からないのかもしれませんが、79年なんてわりと最近の韓国がこんなことになっていたなんて!という驚きと、キム・ジェギュという男の存在を知れたという意味でも、めちゃくちゃ意義のある一本ではないでしょうか。

というかこの映画に限らず、韓国映画の「国家の暗部に容赦なく切り込む」感じはつくづくスゲェ…と思うし、純粋に超面白いと思ってます。

個人的評価75点とか書いたけど、全然75点じゃない気がしてきた!

そんな感じです!

 

この他にも映画の感想を書いていますので、興味があればぜひ!↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました