メルヘン須長ってどんな芸人?【R-1 2020】初の決勝進出!

R-1宣伝 エンタメ
(出典元:R-1ぐらんぷり 公式サイト)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年もR-1ぐらんぷりの季節がやってまいりました!

今年は新型コロナウイルスの影響で、史上初の無観客開催となります。ダウンタウンの松本人志さんもTwitterで、

とコメントするなど、様々な面で注目されています。

スポンサーリンク

女性ピン芸人・メルヘン須長

出典元:ホリプロコムオフィシャルウェブサイト( http://com.horipro.co.jp/talent/meruhen-sunaga/

そんな中、決勝進出者11名中、唯一の女性芸人・メルヘン須長に注目が集まっています。

メルヘン須長とは、一体どんな芸人なのでしょうか?

詳しく調べてみました!

メルヘン須長の芸風

メルヘン須長は、いわゆる「モノマネ芸人」。芸能人やアニメのキャラに扮して漫談を行うスタイルです。

とんねるずの『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』で披露した、『科捜研の女』での沢口靖子のモノマネで世間にも知られるようになりました。

それ以前は、自身がオタクであると語るほど好きな『ちびまる子ちゃん』のキャラを一人で何役も真似たり、サザエさん、コジコジ、アンパンマン、クレヨンしんちゃんなどのキャラのモノマネがメインでした。

芸能人のモノマネは、沢口靖子以外にも、中川翔子、森昌子、寺田心などがあります。

メルヘン須長のプロフィール

埼玉県出身。1986年1月7日生まれの現在34歳。

高校時代は、マンガ研究会に所属。高校卒業後は3年間、声優・俳優養成所に在籍。

2007年4月から、ワタナベコメディスクールの女性タレントコースの1期生として1年間在籍。卒業が近づいた頃から、お笑い芸人を目指すようになったそうです。

2008年6月頃から、ピン芸人として活動。この頃から、メルヘン須長と名乗るようになりました。

2010年、『ホリプロライブNEO』に2回出演。同年6月から、ホリプロ主催のライブにレギュラー出演。その後、ホリプロ所属になりました。

R-1ぐらんぷりは、2009、2010と2年連続で3回戦進出。2011年に初めて準決勝進出。そして今年、出場12回目にして初の決勝進出を果たしました。

主な出演番組

  • テレ遊びパフォー!(NHK総合)
  • ものまねグランプリ(日本テレビ)
  • 今夜くらべてみました(日本テレビ)
  • 開運バナナバカリぶらり(フジテレビ)
  • 絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!(日本テレビ)

R-1ぐらんぷり2020情報

そんなメルヘン須長も出場する『R-1ぐらんぷり2020』は、3月8日(日)午後7時からカンテレ・フジテレビ系列で全国ネット放送します!

決勝出場者は、メルヘン須長、守谷日和、SAKURAI、マヂカルラブリー野田クリスタル、ルシファー吉岡、ななまがり森下、パーパーほしのディスコ、すゑひろがりず南條、ヒューマン中村、おいでやす小田、ワタリ119。さらに復活ステージ1位の芸人を加えた12名が出場します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました