【ネタバレあり】海外ドラマ『ウォッチメン』第1話感想|浅いアメコミ知識で語ります

ウォッチメン1話 海外ドラマ
出典元:ウォッチメン公式サイト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ウォッチメン』のドラマ版が相当面白い!との情報を得て、さっそくスターチャンネルEXに加入して視聴しました。

現状、第1話しか見ていない状態での感想なので、まだ謎な部分がたくさんありますが憶測のみで思ったことを書いていきます

スポンサーリンク

『ウォッチメン』とは?

1986年から1987年にかけて、DCコミックス(バットマンとかスーパーマンの方)が出版したアメリカン・コミック。

内容が内容だけにザックリ解説するのは難しいですが、アメコミ版『ウォッチメン』の内容をザックリ説明しますと、ベトナム戦争時にスーパーヒーローが活躍したことでアメリカが勝利したという世界を描く、いわゆる歴史改変SFです。

物語の舞台はその世界での1985年、東西冷戦下で核戦争勃発の危機が目前まで迫っています。

そんな中、1人の元スーパーヒーローが殺害されるという事件が発生。

政府によって禁止されているヒーロー活動をいまだに続けているロールシャッハは、独自に調査を開始。

徐々に見えてくる事件の真相、ヒーローたちの心の闇、そして世界の根底を覆す巨大な陰謀に巻き込まれていく…

みたいな話です。

アメコミの価値を変えたアメコミ

それまで子供の読み物として低く見られがちであったアメコミに、成人読者を呼び込んだ歴史的な作品と位置付けられています。

映画『ダークナイト』以降、悪い敵と派手にバトルするだけのアメコミヒーローものとは別に(それはそれで好き!)、何が正義で何が悪かを問われるような「リアル」なアメコミヒーローものが多くなってきましたが、その先駆け的な作品といえます。

戦争を無くして世界中が手を取り合って一致団結するためには、宇宙規模の巨大な悪を作り出す必要があるという展開は、奇しくも新型コロナウイルスの影響で世界中が大混乱している今現在と重なる部分が多くあり、今読めばさらにズシーンと重く喰らうことでしょう。

海外ドラマ版『ウォッチメン』概要

「もうひとつのアメリカ」を舞台に現代アメリカを描くSFアクションドラマ
本作『ウォッチメン』では、⼤きな歴史上の出来事の影にはスーパーヒーローの存在があったという、いわゆる我々の世界とは異なる別の世界“パラレルワールド”での出来事を描いている。かつて⼈類は⽶ソ冷戦の情勢悪化で核戦争による地球滅亡の危機に直⾯したが、その危機を脱した後の2019年のアメリカで活動するヒーローたちの戦いや苦悩を描いた異⾊作。⿊⾐を⾝に纏った⼥性ヒーロー“シスター・ナイト”が戦いに⾝を投じていくものの、その⼀⽅で幸せな家庭を持ち、ごく普通の⽣活を送るという⼆⾯性あるキャラクターを主⼈公に、それぞれ様々なマスクを被ったヒーローや悪役たちが登場し、映画級と⾔える⼤迫⼒のアクションシーンが展開されるアメコミファン必⾒のSFアクションドラマ。

引用元:https://www.star-ch.jp/drama/watchmen/sid=1/p=i/

製作総指揮 デイモン・リンデロフ(『スター・トレックイントゥ・ダークネス』製作・脚本)ほか

出演:レジーナ・キング、ドン・ジョンソン、ティム・ブレイク・ネルソン、ルイス・ゴセットJr.、ジェレミー・アイアンズ、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世、トム・メイソン、ジーン・スマート

予告編はこちら↓

BD/DVD/デジタル【予告編】「ウォッチメン」6.3リリース / 4.22デジタル配信開始

第1話『今は夏、氷が尽きそうだ』感想(ネタバレ注意!)

ドラマを観た僕の感想をザックリと書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずにドラマを観たいという人は先にドラマを観てから読んでください!

2019年タルサ

まず大前提として、僕は『ウォッチメン』をコミックス版も映画版もどちらも見ていて好きな作品なのは確かですが、人に語れるほど詳しくない、というより内容をしっかり覚えていない!といった状態でドラマを観始めました。

覚えていることといえば、ロールシャッハが好きだけど覆面の下は卑屈そうなただのオッサンでかなりがっかりしたことや、巨大イカのことや、Dr.マンハッタンが青いことや、完璧な正義が行き過ぎてただの悪オジマンディアスは映画だと残念な感じだったような覚えが・・・といったことぐらいです。

今回のドラマ版の情報も何も入れずに観たので、映画版が不評だったから映像化の仕切り直し的なものかと思って観始めました。
アートワークが黒人の女性ヒーローになっていたので、設定とかも結構いじってるのかなぁとか考えながら。

で、実際のドラマはというと、仕切り直しでもなんでもなくて、オリジナルのウォッチメンから34年後のオクラホマ州タルサが舞台になっている続編ドラマでした!

これはすでに面白そう!!!!

ヒーローVS白人至上主義者

それでは順を追って感想を。

まずは第1話のタイトルの出方がカッコいい!
これは単に僕個人の趣味で、画面いっぱいにタイトルがデカデカと映し出されるのが好きなだけなのですが。

警察のコスチュームも不穏で良い!
包茎手術の広告みたいに顔面の下半分を黄色い覆面で覆ってるんです。

(C)2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

なんで警察が包茎よろしく顔面を隠してるのかというと、身元がバレると悪い奴らに狙われるかららしい。
近所の人や知人にも警察であることをバラしてはいけない規則らしいです。

で、その悪い奴らというのが、オリジナルのウォッチメンで登場したヒーロー・ロールシャッハを模したマスクを被った機兵隊と呼ばれる白人至上主義のレイシスト集団です。

白人至上主義
(C)2019 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

これは明らかに実在の白人至上主義団体、KKK(クー・クラックス・クラン)のオマージュですよね?

KKK
photo credit: gvgoebel twcwrec_kkk via photopin (license)

対する警察側には、スーパーヒーローっぽい人たちが何人かいて、それぞれ紹介していきます。

まずは多分主人公の黒人女性ヒーロー、シスター・ナイト(本名:アンジェラ・エイバー)
黒いマントに黒塗りの車といい、『ブレイド』のウェズリー・スナイプスみたいで超かっこいいです。
走り方とか佇まいが超かっこいい。

シスター・ナイト
Photo:©︎WATCHMEN and all related characters and elements are trademarks of and ©︎DC. ©︎ 2020 Warner Bros. Entertainment Inc. ©︎2020 Home Box Office, Inc.

鏡みたいなマスクを被るヒーロー・ルッキングラス(本名:ウェイド)
警察署長がネクタイ結ぶときに、彼の鏡マスクを活用します。
尋問が得意なようで、尋問ポッドと呼ばれる部屋?で白人至上主義者を尋問するシーンは、本当に気が狂いそうになるとても良いシーンでした!

ルッキングラス
出典元:ウォッチメン公式サイト

赤ジャージのボンクラ中年ニート風ヒーロー・レッド
警察の大事な集会中にハンバーガー食ってます。
まだどんな奴かはよく分かりませんが、風貌は一番好きです。

右のやつ↓

右レッド

その名の通り過ぎる着ぐるみヒーロー(ヒーローではないのかも)・パンダ
ドラマ序盤から「パンダ」って名前だけは出てくるのでどんな奴かと思ったら、きったないパンダの着ぐるみの頭だけ被った巨漢でした。
超好戦的な警察&ヒーローの中で、唯一冷静に意見を言うやつ。
規則にうるさいので煙たがられている。

画像が無いけど、太った巨漢のおっさんが本当に頭だけこんなの被ってます↓

パンダ

といった感じのヒーロー&警察VS白人至上主義集団の抗争がメインになっていくのかとワクワクしつつ、そこはウォッチメンだからきっともっと凄い話に発展していくんだろうなぁ!と期待しまくっています。

とりあえず謎な部分

主人公が車を運転していると突然警報が鳴り停車。
空が一瞬で暗くなり、「イカ」が降ってきます

このイカは恐らくコミックス版の最終章に出てくる巨大イカと関係があると思うけど、一体何がどう影響してこうなったのでしょうか。
地球に何か害はあるのでしょうか?

そして、古城のような豪邸に住む大金持ちのじじいと執事とメイドの3人
第1話のストーリーとは一切関係なく、超気色が悪いやり取りを延々見せつけられるんだけど、これは誰?
年老いたオジマンディアスなのか?と予想しているのですが・・・

ちなみに「ヴェイト(オジマンディアスの本名)死亡と断定」という新聞記事も別のシーンで写るので、別人である可能性も。

最後に警察署長を殺したっぽい車イスの老人は何者?

ドラマ冒頭、1921年タルサのシーンに出てくる少年のポケットに入れられた紙に殴り書きされた「WATCH OVER THIS BOY」の文字。
第1話のラストシーンで、同じ紙を持つ車イスの老人。
同じ人物ということだと思うけど、なぜ警察署長を殺したのか?そもそもこの老人が殺したのか?

といった謎の答えは2話以降で!きっと!

早く2話を観たい

Dr.マンハッタンもちらっと出てきたし、新しいヒーローたちも何か面白そうだし、ロールシャッハマスク被った白人至上主義集団は不穏そうだし、面白くなっていきそうな予感がビンビンでした!

シーズン1は全9話ということで、1話観るごとに感想を書いていきたいと思います。

早く先を観たいけど、リアルタイムで思ったことを書いていきたいので、ブログが大変な足枷となっていきそうです・・・。

海外ドラマ『ウォッチメン』は、Amazonプライムビデオ内のチャンネル「スターチャンネルEX」で視聴できますよ!

第2話『コマンチ族の乗馬術による軍功』の感想はこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました