【ネタバレあり感想】映画『ズーム/見えない参加者』|68分間、お化け屋敷に放り込まれて疲れました

ズーム 映画感想
(C)Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロナ禍の今だからこそ出来た、Zoom映像のみで構成されたホラー映画『ズーム/見えない参加者』を観てきました!

ホラー映画は怖いからあんまり観たくはないんだけど、観たら観たでしっかり楽しむぐらいの距離感でホラー映画と付き合っている人間による感想となります。

スポンサーリンク

『ズーム/見えない参加者』の概要

2020年、新型コロナウイルスのパンデミックによる外出自粛などで世界的に一気に広まったWEB会議ツール「Zoom(ズーム)」を題材にした新感覚ホラー。ロックダウンされたイギリスを舞台に、Zoomを介して死者と交信を行う「Zoom交霊会」をはじめた男女6人が、次々と不可解な現象に見舞われる姿を描いた。新型コロナウイルスのパンデミックのためにロックダウン中のイギリスに暮らすヘイリーらは、仲間たちと週に一度はZoomで顔を合わせていた。ある時、ヘイリーが霊媒師をゲストに招き、みんなで「Zoom交霊会」をしようと提案する。仲間たちも賛同し、いつもの飲み会のノリで和気あいあいと交霊の儀式が始められるが、そのうちそれぞれの部屋で異変が起こりはじめる。ヘイリーらは恐怖から逃れようにもロックダウンのため屋外へ逃げ出すことができず……。

2020年製作/68分/G/イギリス
原題:Host
配給:ツイン

引用元:映画.com

 

監督:ロブ・サベッジ
脚本:ジェド・シェパード、ジェマ・ハーレイ、ロブ・サベッジ

出演:ヘイリー・ビショップ、ラディーナ・ドランドバ、ジェマ・ムーア、キャロライン・ウォード、エマ・ルイーズ・ウェッブ、エドワード・リナード

 

予告編はこちら↓

「Zoom」で全編制作のホラー!『ズーム/見えない参加者』予告編

 

個人的評価:60点

 

ここから感想文(ネタバレ注意!)

『ズーム/見えない参加者』を観た僕の感想をザックリ書いていきますが、この先ネタバレにも触れるので何も情報を入れずに映画を観たいという方は、まず先に映画を観てから読んでください!

 

アトラクションとしての映画

ポストカード
特典で貰えたポストカード

 

ホラー映画は大きく分けて2つあるって話はよく聞きます。

1つは、お化けやモンスターなんかは出てこないんだけど、登場人物そのものが怖かったり、その思想や行動でゾッとさせられて、なんなら今後の人生にずっとこびり付いて纏わりついてくるような恐怖を植え付けられるもの。

もう1つは、物陰や扉の奥、振り向いたときなどに、ドでかい効果音と共に「ギャー!」ってお化けやモンスターが現れてビックリさせられる、お化け屋敷みたいなタイプの映画。

『ズーム』は、完全にお化け屋敷の方でした。

話に深みなんて何もなく、とにかく観客を驚かせるという一点のみに完全に振り切った映画だと思います。

好みの違いはあれど、どっちのタイプのホラー映画が上とか下かなんてのは僕の中では無いので、お化け屋敷映画として100%楽しめましたよ。

鑑賞中、何回椅子から飛び上がり、恐すぎてスクリーンから目を逸らしたことか。

超超恐かったし、思う存分楽しんだけど、2021年の年末に今年の年間ベストを決める頃には頭の片隅にも残っていないと思います。

そんな映画。

でもそれで全然いいと思うのです。

 

コロナ禍だからこそ生まれた

Zoom
(C)Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020

 

そもそもZoom自体が、コロナが無きゃこんなに認知されることも無かっただろうし、そのZoomを使った映画というのも、今この時代にしか生まれ得なかった映画と言えるでしょう。

すでにZoomの映像だけで撮影された映画はいくつか公開されていますが、ひとつも観たことが無いので比較はできませんが、変な違和感とかは別になかったし、Zoomだからこその恐怖演出なんかもあったし、そこはめちゃくちゃ良かったです。

トイレに行ったり、宅配を受け取りに行って、画面から人がいなくなるだけで緊張感が高まるって、実はなかなか凄いんじゃないかって、今書いてて気づきました。

数年後、数十年後に観返すと、「こんな時代もあったなぁ」なんていう歴史的な資料としての価値も、こういう映画にはあるんじゃないでしょうか。

年間ベストを決める頃には頭の片隅にも残っていないと思いますが。

 

予告で全部観ちゃったけど

顔認証
(C)Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020

 

わりとショッキングでキャッチーなシーンは、予告編でほとんど観ちゃってます。

予告でどこまで見せるのかって問題はありますが、これは見せすぎなんじゃないかって思いました。

まぁ見せたところでネタバレ云々ってこともないんだけど。

 

あと、Zoom映像だから仕方ないというか、よりリアリティを出すためにあえてなのか分かりませんが、いくら何でも何が起こってるのかさっぱりわからないシーンが結構たくさんあります。

それに加え、ラストに向かうにつれ、「絶対なんか出てくる・・なんか出てくる…なんか出てくる・・・出たー!!」でビックリさせるパターンが畳み掛けるように続くので、普通に疲れちゃいました。

結局全部にしっかりビックリしたので、それはそれでいいのですが。

あまりにワンパターンすぎるあたり、年末には頭の片隅にも残っていない所以なのかもしれません。

 

エンドロールは超最高でも・・・

パリーン
(C)Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020

 

Zoomが切れてからのあのエンドロールこそ、この映画で一番斬新で超最高だったのですが・・・。

その後のリハーサル映像みたいなやつ、あれいる?

そこで起こった心霊現象がネット上で話題に、みたいなことが公式サイトでも書かれてるんだけど、本編の劣化版みたいな感じにしか見えなかったのですが、僕は。

あの超最高なエンドロールで後味悪くスパッと終わってくれてれば・・・評価は別に変りませんが。

 

総評

ヘイリー・ビショップ
(C)Shadowhouse Films and Boo-Urns 2020

 

アトラクションとして超楽しめたけど、心には何も残らない、そんな映画でしたよ!

主演のヘイリー・ビショップは単純に顔が好きなので、他にあんまり映画出てないっぽいので、唯一観れそうな『エンド・オブ・ステイツ』は絶対観ます。

ヘイリー・ビショップに出会えただけで十分元は取れたので良かったです。

 

この他にも映画の感想を書いていますので、興味があればぜひ!↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました